2015年03月27日

シンギング・ボウル☆セッション

今年から夢中になっているシンギング・ボウル。
ついにカウンセリングの資格を1つ、とりました。

singingbowl_01.jpg


人間のからだは70%が水分で〜その水に波動が〜・・・とかの説明は、
正直、私もよくわかりません(爆)
実感できないっていうかね。
でも、シンギング・ボウルの長〜い余韻を聞いていると、
自然と呼吸も長〜くなる。
長〜い呼吸のままで怒ったり、不安になったり、あれこれ考えたりはできないから
感情のリセットをするにはとても効果があるんじゃないか、と思っています。
また、からだの近くで鳴らすと、細かな震えを感じます。
それはとても気持ちがよくて(笑)
なんでしょう、よく美顔器とか健康器具とかで低周波〜とかあるじゃないですか、
あんな感じ(笑)
凝り固まった細胞の1つ1つが揺すられて、
あ〜れ〜♪と踊ってるみたい。
実際に、シンギング・ボウルの中に顔を突っ込んで鳴らしていると(笑)
顔の血行やらリンパの流れやらがよくなって、顔色がよくなります。
イヤ、マジで。

ナゼにこんなに夢中かというと(笑)
Roccaの月1ワークショップで、
アップっていう簡単なストレッチの時間があるんですが、
これが気持ちいいのね(笑)
充分に手足を伸ばしたりしているうちに、自分の中を見つめて潜って、
余分なものがそぎ落とされて、感覚がリセットされる。
でも、ファシリテート(進行)をしていると
「みんなついてきてるかな?」とか「次に行っても大丈夫かな?」とか
ぶっちゃけ、いわゆる雑念がたくさん湧いてまして(笑)
なかなか自分はスッキリできない(爆)
なので、自分のスッキリ用に何かないかなぁ・・・と探している時に
このシンギング・ボウルに出会ったわけです。

いつか、月1ワークショップでも、ご紹介できるといいな。
というか、そのうちシンギング・ボウルのワークショップとか、できるといいな(笑)

まずは、1つのボウルで、からだとこころのトリートメント・セッション。
近々、モニターさんを募集の予定です。
楽しみ〜♪




posted by ゆきお at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

新しいこと、何を始めましょうか?

Rocca月1ワークショップ【3月】に、嬉しいご感想が続々♪
ご本人のご了解を得られたので、
もういっちょご紹介しますね。

----------------- + ---------------

WS本当にありがとうございました。

久しぶりで最初はちょっと緊張していたのですが、
空気からリラックスさせてくれて
すごく楽しい時間を過ごすことができました(*´∀`)

初めて会う方々が多かったですが、みなさんおもしろい!
一緒にやっていても素敵なパスを出してくれて勉強になりました。

お芝居をやっていると高圧的な現場も多々ありますが、
ゆきおさんのWSのようなよい空気の中でつくるものの方が
プラスなものができる気がします。

何よりやっていて楽しいです(^_^)v

また参加させていただけたらうれしいです!!

----------------- + ---------------


てへへ。
こちらこそ、ありがとうございます(嬉)

私が養成所で学んだメソッド(演技の方法)の1つに、
トーンスケール」という概念があります。
感情は生命力の高い・低いで表現できるとして、感情を数値化したものなのね。
まぁ、どうやって数値化したのかまでは詳しく習わなかったけど(爆)
そのスケールによると、緊張=怖れで、感情の数値は1.0。
興味は2.8、笑いは3.5。
つまり、緊張している時に比べて、興味深々って時や笑っている時は、
生命力はなんとほぼ3倍も高い。
生命力が高いとどうなるかっていうと、とにかく行動が早い!(笑)
同じ時間内でもいろんなことが湧き上がってくるし、
たくさんのことが言いたくなる(笑)
だから、緊張している時より楽しんでいる時の方が、
クリエイティブであるというわけ。

ま、そんな理屈は置いといても、
窮屈な現場より、楽しい現場の方がいいじゃない(笑)
これからも楽しくてクリエイティビティの高い現場を追求していきますよ、ええ。

4月の月1ワークショップは、クラスが2つに増えます。
ベーシック・クラスは、はじめましての相手と、楽しく協力して1つのシーンを作るまで。
アドバンス・クラスは、自分の課題にチャレンジします。
詳しくはこちらをどうぞ♪



ところで。
今晩は日蝕があるそうです。

eclipse_01.jpg

日本では見れないらしいんだけど、
小さな終わりと小さな始まりの、大きな天体ショウ。
自分はどうなりたいのか?(何をはじめたいのか?)」を
このタイミングでイメージしておくと、
太陽が「あ、私と一緒!」って応援してくれるとかくれないとか?(笑)

もうすぐ4月。
新年度の始まりですもんね。
新しいこと、さて、何を始めましょうか♪




posted by ゆきお at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

手のひらの中の幸せ

というわけで。
Project*Rocca 月1ワークショップ【3月】のご感想をいただきました。
ご本人のご了解をいただいたので、ご紹介しますね。


----------------- + ---------------

ワークショップに参加するのは、高校生の時と合わせて2回目でした。

行ってすぐに、ゆきおさんに声をかけていただいて、
そのあともみなさん優しくて、なんでみんなこんなに優しいんだろう、
と不思議なきもちになりました。
ちょっと話しかけるのが怖いな、とか、苦手かもしれないな、とか、
いつもは距離を必死に測ろうとするのですが、
その必要が初めから無いような気がしました。
会った時から打ち上げの時、別れるまで、
みなさんのやさしさや、すてきさ、みなさんの創り出すあたたかい空気に、
なんだかうれしいような、切ないような気持ちでいました。

自己紹介と、名前のキャッチボール(?)はうきうきしました。
握手って直接相手の気持ちに触れられるからすてきですね。
キャッチボールははやく名前を覚えねば!と必死でした。

身体と遊ぶのは案外すぐに自分の世界に入ることができました。
一人遊びをしているようで、きもちがすっきりしました。

ムーバー&レシーバーでは、
レシーバーは相手の動きを予想したり、外れたりして、おもしろかったです。
ムーバーの方が問題で、どう動こうかと考えて、
すごく責任が重大であるような気がしました。
相手の真剣な眼差しに、そういう気持ちが生まれたのだと思います。

全員の共同作品は、とても面白くて、
みんなで創るってこういうことなんだと、
全員が全員に意識を向けながら、動いていくことなんだと、
あたらしいことを知りました。

インプロはとにかく頭をフル回転させていました。
初めの設定を上手く共有できず、相手の設定も理解できず、パニックになりました。
終始自分が何をやっているが分からなかったし、場に慣れることもできませんでした。
自分の引き出しの少なさを感じました。
しかし、だからといって楽しくなかった訳ではなく、
相手が自分のしたことにどう反応するか、
そしたら自分はどうするか、の連続がやはり楽しかったです。

このワークショップで一番印象深かったことは、
ゆきおさんとみなさんに出会えたことです。
大きな影響を受けました。
ワークショップに行ってよかったです。
ありがとうございました。

----------------- + ---------------


わぁん、今回もとっても嬉しいご感想。
涙出ちゃうよ(笑)

握手。
大事よね(笑)
スキンシップすると
「幸せホルモン」であるオキシトシンが分泌されるんだそうですよ。

happy_01.jpg


ここ1年ばかりのマイブームの、脳内ホルモンのオキシトシン。
「幸せホルモン」とか「愛情ホルモン」とか呼ばれています。
このオキシトシン、哺乳類だけが持っているんだそうで、
オキシトシンが脳下垂体後葉から分泌されると、幸せな気持ちになるんだって。
もともとは母親が出産する時に子宮を収縮させたり、
母乳を促したりするホルモンらしいんですけど、
それによって出産時の痛みを和らげたり、至高体験をしたり、
子供に対する愛情を感じやすくなるみたいです。
でも、これが母親だけが分泌するホルモンってわけでもなくて(笑)
男性や子供、高齢者でも分泌されるわけ。
じゃあ、どうやったら分泌されるかというと、
スキンシップ、親切行動、だれかと一緒に食事をする、などの行動によってなのね。
あ、あと、おしゃれをした時にも出るそうです(笑)

ちなみに、男性は女性に触れられると、寿命が8年延びるんだって。
なんと!(笑)



てなわけで。
4月からのベーシック・クラスは、3月とほぼ同じメニューで行う予定です。
4月の月1ワークショップもぼちぼちとお申込みをいただいています。
4/19(日)、都内稽古場で開催です。
気になった方はこちらからどうぞ♪

ほんのり幸せになっちゃおうぜ(笑)




posted by ゆきお at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

リラックスという名の余白

すっかり報告が遅くなってしまいましたが☆
Project*Rocca 月1ワークショップ【3月】。
先週末、無事に終わりました♪

いつもは定員8名ですが、今回は特別に12名での開催。
にぎやか、かつ、なごやかなワークでした(笑)

毎回、ワークショップの終わりに感想をシェアするんですが、
「こんなにリラックスできるワークショップははじめて!」という、
嬉しいご感想をいただきました(喜)

緊張してる時ってさ、自分の実力を出せないじゃない。
でも、リラックスしてよって言われてできるリラックスなんてないじゃない(笑)
だから、参加する方が部屋に入ってきた瞬間から、意識的にでも無意識にでも、
「あ、ここ、いいな」と思ってもらえる空間作りをしているのです、実は。
にひひ。

たとえば、音楽。
Roccaのワークショップ会場には、
気にならない程度の音量で、
気にならない程度の環境音楽を流しています。
人ってね、音のない空間って緊張するんですってさ。
だから、ホテルに泊まる時って、なんとなくテレビつけちゃうでしょ。
JAXAのビデオでも、宇宙船の中で音楽や絵画をする時間があるって紹介してました。
宇宙船の中って、機械音だけだからさ、緊張が続いちゃうんだって。

その他にも、いろいろ五感を刺激して、
それを他の人と分かち合うようなメニューや仕掛けを
ファシリテータとしてはいっぱい考えておるのです(笑)

リラックスしてできた余白に、自分を感じて、相手も感じて、
反応して、共有して、レスポンスがあって、レスポンスを返して。
その積み重ねの先に、いい演技・いい芝居ってのがあるんだと思うのです。

たった3時間半のワークショップだけど、
今回も、とても充実した「芝居」ができたと思います。

みんな、ありがとう♪


ws1503.jpg




あ、4月からは少しだけメニューが変わります、
ていうか、クラスが追加されます。
詳細はこちらからどうぞ。



posted by ゆきお at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

来年もよろしくお願いします!

見てきました、
「ママコのパンカゴ 2015」。
ヨネヤマママコ 八十路記念企画 〜 実演と映像で紡ぐママコ・ザ・マイムのひととき。

ママコのパンカゴについて
アメリカでの13年にわたる孤独なパントマイム開拓生活後、
スタジオを持ち後進を教えながらの各地公演、教えるという耕しと、
アーティスト・パフォーマーとしての悩み、この40年にわたる創造開拓生活をたたみ、
パリ郊外のフォンテンブローの隣村、セーヌ河前に
100年前の貴族が狩りをするために建てた古い館に移り住み茫洋・・と、
この館の子供時代の思い出があったような古い木の階段に座っていると、
自然と自らの人生を歌い出していました。
それらの「歌」が、今まで積み重ねた「パントマイム」や語りと一緒になって
「パン歌語」という形式が生まれたのです。

(当日パンフレットより)

mamako_03.jpg

こちらは今回のチラシ写真。


ママコさん、なんでも、日本のパントマイムの草分け的存在だとか。
御年80歳(驚)
すごくしなやかで、美しい(讃)
パントマイムといっても、見えない壁とか、階段の上り下りとか、
そんなレベルじゃなかった(笑)
なんだろう、シャンソンの世界をクラシック・バレエで見ている感じ?
力が抜けていて、それでいて緻密で繊細。
やわらかくて、明るくて、ちょっとも利いている(笑)
でもおばあちゃま(失礼)がさらっとそれを言うから、余裕があって、笑えもする。
いやぁ、ステキでした。

作品の中には、生活する中で感じるひずみ、違和感が描かれている。
いま東京のカフェに入ると、どこの国のカフェだかわからなくなるという。
身体は座っているけど、心は座っていないという。
田舎のカフェ・・・というか、喫茶店に座って、はじめて心が座れるという。
田舎に行って川のそばで音を聞いているのが幸せ。
でも、それはオペラを見るよりバレエを見るより贅沢なことになっちゃった。
だって、新幹線で田舎へ行かなくちゃ体験できないんだもの。
私はパンカゴの「山のおじさん」で、
なんだか涙がこぼれて仕方がなかったよ(笑)

同じくパンカゴ「白い服を着て」では、
恋をして、嫉妬や独占欲でぐるぐるになってるのに、笑顔を作っている私、が描かれる。
笑顔なのに、その仮面が落ちて、あわててまたつけて。
でもまた落ちて、つけて、と繰り返すうちに、
どんどん笑顔がゆがんでいく。
ああ、これ、恋の話だけじゃない。
こんなふうな大人、たくさんいるよね。
私たち、こうやって生きているよね。

mamako_01.jpg

こちらは去年の舞台写真ね。


最後のパントマイム「風船のメルヘンマイム」では、
もうね、ママコさんが大好きになってたな(愛)
だって笑顔が、そりゃもう、かわいいんだもの(笑)

こちらは、今回の映像ではないけれど。




こういう舞台人になりたいなぁ・・・
なんか、なんちゅうか、勇気をいただきましたよ。
そりゃまぁ、いろいろ、悲しいこともムカつくことも、
胸が破れるような思いをすることもあるけど、
生きていける!って思いました(笑)
よし、私も長生きしよう。


ママコさん、来年も、楽しみにしてます!(笑)




posted by ゆきお at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

小さなアート、ただ見続けたいと思わせるもの

ワークショップのアテンドをしてくれているノリちゃんが、
はじめての個展(ふたり展)をするっていうんで、
見に行って来ましたよ♪


「きらきら石と、紙きれ絵のものがたり
        〜ファミフェス・プロローグ〜」


nori_01.jpg



レジンという樹脂液で作るアクセサリーと、
フォトフレームに入る大きさの切り絵。
小さな空間だからこそ、
彼女たちのロマンチックでドラマチックな世界観
濃縮されて詰まっているって印象。


nori_03.jpg

ノリちゃんが切り絵を作って、
相方さんがアクセサリーを作製されてます。




nori_02.jpg

私のお気に入りは、これ(愛)
切り絵をラミネート加工してるんだけど、
ちょっとステンドグラスみたいでしょ。
何に使うって、しおりくらしか思いつかないけど(笑)
いいの、実用性なんて。
それを見て、何かが触発されるってことが大事なの。
それがアートなの。
・・・と、言い切ってみる(笑)

この個展、なんと、今日と明日しかやらないの。
しかも福生駅 直結のギャラリーでなの。
もし、明日、福生の近くに行くよ、というピンポイントな方がいらっしゃったら(笑)
ぜひ足をお運びください。
福生市プチギャラリー 第2展示室(3F)、
11時〜17時、入場無料です。



posted by ゆきお at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

愛と感謝をこめて

衣装&小道具をいつも手掛けてくれる、大事なRoccaの専属スタッフさん。
2月末は、彼女のお誕生日だっちゅうんで、
日頃の感謝を込めて、彼女の大好きな温泉をプレゼント。

行ってきましたよ、草津温泉。


kusatsu_01.jpg




私は、草津、2回目〜♪
前回はRoccaがまだ劇団の頃に、劇団のみんなと来たんだった。
やっぱり2月末の頃、同じ時期だっけかな。
西の河原の露天風呂に入っった後、ホテルまで10分くらい歩いたんだけど、
その間にさつきさんの濡れ髪が凍ったからね?
髪の毛が凍るって!(驚)
でも温泉で身体はポカポカしてるから、
髪が凍った!ってみんなで大笑いしながらぶらぶら歩いてたけどね(笑)
恐るべし、草津(笑)
なつかしの、草津(ちょい涙)



kusatsu_03.jpg


草津ってさ、街の中に、ちょこちょこ小さな共同浴場(無料♪)があってさ。
街全体がお風呂のテーマパークみたいなのよ。


kusatsu_07.jpg


湯畑のそばの足湯にも、ちゃぽん。





・・・あっつ!



kusatsu_02.jpg


引き上げた足が、まるでピンクの靴下履いてるみたい(笑)


お土産通りをひやかして歩いて、

kusatsu_06.jpg

ホテルに帰って、またちゃぽん(笑)

は〜・・・、冬の間に硬くなった身体が、ほにゃほにゃになりますな(笑)
お肌もつるんつるんだが、
脳みそのしわもつるんつるん(爆)



で、夕食後に、ホテルに特別に作ってもらったケーキでお祝いしました♪

kusatsu_05.jpg





いつもありがとう、
これからもRoccaをよろしくね、
お義母ちゃん(笑)

kusatsu_04.jpg






posted by ゆきお at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

ここにあったか、やる気スイッチ!

先日の月1ワークショップ【2月】に、
とっても嬉しいご感想をいただきました(喜)
ご本人にご了解を得られましたので、ご紹介させていただきますね♪


----------------- + ---------------

先日はとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました♪

様々なメニューでリラックスできたり、
濃い時間でしたが終わってみるとあっという間でした☆彡

ムーバーレシーバーはお相手した方が面白かったです。
皆様の様子もぜひ見たかったです♪

印象に残ったものは多いですが、しいてあげますと「3人で1ピクチャ」です。
自分では(他の方が思い付いたのと、間違っていたらどうしよう。。)とか、
難しくて思いつかなかったり、
なかなか一歩踏み出せず、残念でした。
しかし、個性的な絵が見れて、笑ったり、ハッとさせられたり、
楽しく観賞でき、大変勉強にもなりました♪

全体を通して、ゆきおさんの明るいお人柄と気配りのおかげで、
時間がたつにつれてリラックスしていき、凝っていた心がだいぶほぐれました!(笑)
ありがとうございます♪

次回も、楽しみにしております♪
宜しくお願い致します。

----------------- + ---------------


わぁ♪
こんなふうに言っていただけたら、
やる気出ちゃうなぁ(笑)


ちなみに、やる気スイッチは脳の角回という部位にあるんだそうです。
下図でいうと、黄色の部分ね。

gyrus_01.jpg


この角回が興奮すると、いわゆる「やる気スイッチが入った状態」になるわけ。
じゃあ、どうしたら角回が興奮するのかというと、
それをやるしかない」んだって(笑)

つまり、やる気スイッチが入ったからバリバリやれるんじゃなくて、
やってるうちにやる気スイッチが押されて、
やる気が出てくるらしいのね(笑)

ああ、そういえば、去年暮れの大掃除とかも、
やってるうちに、なんだか楽しくなっちゃって(笑)
結局、紅白終わるまで掃除してたんだった(爆)



というわけで、
ワークショップ気になるなぁ…という方、
どうしようかな…と迷っている方、
やるならいま!(笑)

ぜひご参加くださいませ。
もりもりやる気が出てきますよ(笑)

3月のワークショップ、詳細はこちらからどうぞ。



posted by ゆきお at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

3つ目の笑顔に隠されていること

今日は、2月22日。
猫の日でございます(笑)

というわけで、うちのちび猫を拾った時の写真など。

chibi_01.jpg

拾って1か月くらい経った頃。
この頃はまだ右目の瞬膜が瞼にひっついてましてね、
全身麻酔の手術になるから、何度も麻酔をすると負担になるってんで、
避妊手術と同時にやりましょう、と獣医さんから言われまして。
あんまり幼いと避妊手術ができないし、
かといって、あんまり待ってても瞬膜が離れなくなっちゃうし。
結局、この3か月後くらいに手術したんだっけかな。
この頃のちび猫は、手のひらに乗るくらいの大きさでしたよ。



chibi_02.jpg

これがBefore。
女の子ですけどね、青い首輪のせいかな、
ちょっと少年っぽい感じよね(笑)


chibi_03.jpg

で、これがAfter。
なんでしょう、同じ猫に見えるような、見えないような?(爆)




chibi_04.jpg

だって、こんなだったんですよ?


chibi_05.jpg

それが、こんなって・・・



あ、わかった、表情だ!(驚)
子供の頃よりも、いまは表情が豊かっていうか、人間ぽくなってる!(笑)


そういえば、子供の頃はほとんど鳴かない猫だったなぁ。
獣医さんにも「拾った時に鳴いてましたか?」と聞かれて、
「や、鳴いてなかったですね」って答えたら、
「あぁ、それじゃ、鳴いてももう母猫は戻ってこないってわかっちゃってますね・・・」と言われ、
軽くショックを受けたのでした。
それから、ちび猫がちょっとでも鳴いたら、
「なに、ちびちゃん、なに?」と反応をするようにしていたんですが。
結婚して同居の家族が増えて、それからかなぁ、猫がおしゃべりするようになったの。
いまじゃ、「ごはんくれー」「どこ行ったー」「顔拭きイヤじゃー」と(笑)
毎日みんなに何かしら訴えていますけども(笑)
猫でも、抑えていた感情を表現できるようになるんだね。



ところで。
笑顔には3種類あるってご存知でしたか?

1つは、「おもしろい」「楽しい」という気持ちから出る笑顔。
2つ目は、「親しくなりたい」「好き」「興味があります」という時の笑顔。
そして3つ目は、「敵意はありません」という笑顔。

だいたい日本人は海外に行くと3番目の笑顔になるんだって(笑)
で、外国人から「なんで笑っているのかわからない、不気味・・・」って思われちゃうんだけどね(爆)
なので、イタリアに行った時、
とにかく「楽しい」「興味がある」という笑顔しかしなかったら、
「あなたイタリア長いの?」と聞かれたよ(笑)
実際、3日しかいなかったのに(笑)

ワークショップの中でも、それに気づいてもらうメニューがあって、
「今の気持ちのままで、無理に笑顔にならなくていいよ」ってナビするんですが、
これがね、社会性の高い人ほど、自動的に笑顔になっちゃうんだよね(笑)

3つ目の笑顔には、
「私に敵意はありません、だから攻撃しないでください」
というメッセージが隠されている。
怖れがあると、自由な・創造性の高い演技は難しい。
だから、3つ目の笑顔はやめましょうって、
攻撃を怖れている自分に気づいて、認めましょう、克服しましょう、癒しましょうって、
そんな自己啓発的なことは言いません(笑)
いいのよ、
「あ、いま、私、攻撃されたくないんだな」って気づけば。
「そういう時には、私はこんな笑顔になるんだな」って気づけば。
そして「攻撃されたくないシーンがあったら、この笑顔、芝居に使おう」って気づけば(笑)

「あ、他人に触るって抵抗あるな」とか、
「下ネタ言うの、私、ダメなんだな」とか、
「恥ずかしくなると、笑ってごまかしちゃうな」とか、
それをブロックというのだけども、
ブロックが少ない方が、まぁ、演技の自由度は高まりますが、
でも、完全に消し去った方がいいというわけでもないと思うのです。
そのブロックを使えるシーンで使えるように、
ストックしておいたらいいと思うのです。
自分のブロックに気がつくことが大事だと思うのです。

同じように、舞台で通る声になろうと、一生懸命、発声練習をしたりするけど、
強盗に襲われるシーンでは、通る声になんかならないでしょ(笑)
喉をしめて、つぶれた声も出せる。
その方が豊かなんじゃない?(笑)




chibi_06.jpg

まだ、怖れがあった頃のちび猫。
怖い時って、表情がなくなるよね。
3つ目の笑顔は、実は無表情と同じなのかもしれないな。



でもね、ちびちゃん。

chibi_07.jpg

いくらAfterとはいえ、
これは、ちょっとまずいショットじゃあるまいか?
幸せ太りかい?

ま、いいか(笑)



posted by ゆきお at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

こどもに戻ろう!若返りワークショップ(笑)

というわけで。
翌日のProject*Roccaの月1ワークショップ【2月】。
おかげさまで今月も無事に、楽しく、終わりました(喜)
参加してくださったみなさま、ありがとうございました(愛)

毎回、はじめましての方が参加してくれて、
3時間半の短い時間の中で、
1つのチームとなって、
最後には小さな作品をつくるわけですが。
これね、実際にはとても難しいことをやっているのです。
もし公演稽古の現場だったら?って考えてみて。
たった3時間半で作品になんてなると思えないでしょ?(笑)
でも、毎回、とても楽しく、充実した作品がつくれちゃうのね、不思議と(笑)
1か月2か月かけて練り上げる公演作品と、3時間半の駆け足でつくる作品とでは
そりゃ、求められる結果と質は違うわけだけど、
でも「おもしろいかどうか?」という基準だったら、
軽くクリアしてると思うよ。

そこまでたどり着くにはさ。
緊張を集中に変換していかないとダメなんだよね。
はじめて来た場所で、はじめて会う人で、はじめて挑戦するワークで、
っていったら、誰だってドキドキしますよ(笑)
だから前半のメニューは、できるだけその緊張をゼロに近づけるワークをする。
いまの気持ちを声に出してみる。
握手するとちょっと安心する。
会場を探検する。
深呼吸する。
他人に気を遣わない、自分だけの時間を過ごす。
からだがほぐれると、気持ちもほぐれる。
全員で呼吸を合わせる。
リラックスしてはじめて、集中ってできるんだな、って気づく。

子供に戻ってごっこ遊びをしている感覚。
創造性が高くて、なんでもあり。
終わった後は、みんなのことが好きになってる(笑)

今回、参加してくれた方から、
子供に戻ったみたい!
青春時代を思い出した!

っていってもらえて、ファシリテータとしてめちゃめちゃ嬉しかったなぁ(喜)
どうよ、この若返りワークショップ!(笑)


3月まではこのメニュー、この料金でお送りします。
4月からは、ちょっとバージョンアップしてお届けする予定です。
詳細はこちらから。

やるなら今しかないよ(笑)


あ、おかげさまでティンシャは好評でした。
空間がクリアになって、集中力が増す感じ?

tynsya.jpg


posted by ゆきお at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。