2015年09月18日

そろそろ本気になってみようか

映画「天空の蜂」、見てきました。

原作:東野圭吾
監督:堤幸彦
出演:江口洋介、本木雅弘、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、ほか。


bigbee.jpg


巨大ヘリコプター「ビッグB」を乗っ取り、
稼働中の原子力発電所「新陽」の上空にホバリングさせるという、
前代未聞のテロ事件が発生。
犯人は「天空の蜂」を名乗り、日本全国の原発の即時破棄を要求する。
ビッグBの燃料が尽きるまでの時間、つまり猶予は、わずか8時間。
犯人は誰なのか?
原発は止まるのか?
もし稼働中の原発にヘリが墜落したとしたら・・・
それを阻止する手立てはあるのか?


ええっと。
いろいろと「それはあり得ないだろう?」っていうツッコミどころも満載ですが(笑)
とにかく物語の疾走感緊張感が途切れないので、
最後まで楽しめました。

原発とか、自衛隊とか、家族とか、働きすぎのお父さんとか。
いろんな社会の問題をてんこ盛りにしているけど、
それを消化不良にさせずに、
みんなに見てもらえるように、ドラマとして楽しめるようにして、
それをあえてこの時期に上映したってことは、
監督はじめ、プロデューサーも役者もスタッフも、配給会社の人も、
なんか、みんな本気なんだ、と思ったんだよ。

きっと、撮影現場はとてもいい緊張感だったんじゃないかな、と思ったんだよ。
そこにもし、あなたが・そして私が役者として関わっていたとしたら、
やっぱり本気になったと思うんだよ。

そういう現場で、
みんなが本気でやっている、いい現場で、
本気の芝居ができる役者ってのはさ、
なんていうか、本気の濃度が違っててさ、
それは、じゃあ、カチンコが鳴った瞬間にその濃度の本気になれるかって言ったら、
そんなのは無理でさ、
だいたい、いつだって本気になれる準備をしてるんだろうな、って思ったんだよ。
そんな日常なんだろうな、って。


あなたの・そして私の日常は、
本気になれる準備ができてるのかどうか?



現場の熱が原作を超えさせた、いい映画だったと思います。







posted by ゆきお at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

生まれ変われる、ワークショップ

おかげさまで、今月も無事に終わりました♪
Roccaの月1ワークショップ。

今回は、女性ばかりの参加だったんですが(珍)
実は体調不良で来れない方もいらして、
ベーシック・クラスは2人での開催!
おお、まじか。
でもまぁ、2人いれば、なにかしらのシーンはできるしね、と、強行(笑)

結果的には、とてもよいワークとなりました(嬉)


この日は、新月な上に(日本では見れなかったけど)日蝕も重なっていて、
こういう日は体調を崩す方も多いみたい。
まぁ、影響に気づいている人もいない人もいるけど、
特に女性は月との関わりが深いしね。
それでなくても、季節の変わり目だったり、
ずっと雨続きだったり、
台風が連続で来ていたりしてたしね。
(私も台風の前後には頭痛がひどかった☆)


で、新月、ですよ。
新月の日はデトックスが進むって、どこかで読んだことがありまして(笑)

感情のデトックス
大声で笑ったり、泣いたり、
ちくちょうばかやろうって叫んでみたり(笑)
芝居は、そういうのが得意な分野だからさ。

がっつりと、デトックス・タイムにさせていただきました(笑)


泣いて、
笑って、
よし、明日から私は生まれ変わる!っていうワーク。
そうか、今日が私の誕生日なんだって気がついた人を、
おめでとう、おめでとう!ってみんなでお祝いするワーク。
「私、いま、生まれたてだもん、赤ちゃんだもん、これを楽しむために生まれてきたんだもん」
って言ってみるワーク(笑)

楽しかったね。

脚本分析だとか、役の作り方だとか、即興だとか、
そんなことはやらなかったけど、
ものすごく充実したワークショップでした。

またやりたいな♪



birthday.jpg




来月は、10/4(日)の予定です。
気になった方は、こちらをどうぞ♪




posted by ゆきお at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

「見る」という哲学

鈴木理策の写真展 「意識の流れ」を見てきました。

や、全然知らない人なんだけどね(笑)

僕が「こう見た」ということより、世界が「こうあった」というのを撮りたい。
っていう、インタビュー記事の一言を読んで、
「あ、見に行こう」
って、思って。


写真ってさ、
たとえば、お母さんが子供を撮る時、絶対、子供にピントが合ってるじゃない(笑)
「これを撮りたい」
「世界を私はこう見ている」
っていう「意味」が写真にはあると思うんだよ。
でも、そうじゃなくて、あるがままの世界を撮るって、
パンフォーカスで、画面の隅々まできっちり写すってことじゃなくて?
それ以外にどうやって??


最初に展示されている、熊野で撮影された作品・「海と山のあいだ」を見た時の、
その疑問に対する1つの答えは、


kumano_01.jpg


ずーっと、じーっと、1枚の写真を見ていてごらん。
熊野の風景を撮影しているんだけどさ、
それはシャッターを押した一瞬の風景なんだけどさ、
その写真の中に、ものすごく長〜い「時間」を感じないかい?

たとえば、岩。
たとえば、海。
たとえば、滝。


彼は写真を撮る時、
ぱっと三脚を立てて、
最初に気になった部分にピントを合わせたら、
あとは風や光をきっかけにシャッターを押すんだって。
構図を決めたり、シャッターチャンスを待ったりはしないんだって。

ずーっとファインダーを覗いていたら、
そのうちにぼーっとしてきて(笑)
自分なのか、対象なのか、いまがいつなのか、
わからなくなりはしないか?
自我の喪失と、永遠との邂逅。
世界と融合したその瞬間にシャッターを押してるのと違うかな。



次の部屋には「水鏡」というシリーズが展示されてた。
足元には映像作品。
まるで水たまり?池?を覗きこむようなしつらえ。
これが、私にはおもしろかったんだよね。


ぼんやり見えている光が、


kagami_02.jpg


だんだんピントが合ってきて、


kagami_03.jpg


「ああ、こういう風景だったのね」ってわかる。


kagami_04.jpg




「ああ、こういう風景だったのね」っていうのはさ、
つまり意味づけでしょ。

大人になったら、意味なしに世界は見れなくなっちゃうんだけどさ、
もしかしたら、赤ちゃんとか動物とかの目には、
世界は光でしかないんじゃないか、と思っちゃって。
意味を排除したら、光しか残らないんじゃないか、とか。



最後の部屋に展示されてた、雪や桜や花の写真もそう。


sakura_02.jpg


ピント=意味づけなんだとしたら、
それは大人になった人間が勝手にやってることで、
本来の・本当の世界ってヤツは、
うすらぼんやりした光でしかないんじゃないの?


sakura_01.jpg



だいたい雪なんて、水だしね。
たまたま条件が合ったから、雪みたいな恰好をしてるけど、
もとは水だからね。
水っつったら、カタチなんかないしね。
その伝で言ったら、桜だって、もとは土と水と・・・、なんだかわかんないものだよね。
見えてないところに、本当の世界があるのかもね。

見るって、何なの?





なぁんて、頭の中をぐるぐるさせながら、出口に向かう、と。


kaze_01.jpg


見えないものを、見せてくれるものでもある。
写真。








9/23まで
東京オペラシティのアートギャラリーで。

あ、写真撮ってもいい写真展です。
興味のある方は、カメラ持参で(笑)





posted by ゆきお at 01:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

幸せって何?

あー・・・
いい芝居を観た時にしか、ブログに書かないので(笑)
なんか最近あんまり芝居を観てない感じですが(爆)
見てます、見てます(笑)

というわけで。
先週末は、いい芝居を続けて見たよ(笑)


かげちゃんが出演している、Prayers Studio
ヂアロオグ・プランタニエ」。

岸田國士が、研修生のために書いた女性の2人芝居。
同じ男を好きになってしまった、親友のふたり。
女性にとって「結婚」ってのはさ、
この頃も、現代も、「オンナとして合格品か欠陥品か」っていう、試験みたいなものでさ。
男に選ばれるか選ばれないかってのが、もう、
自分のアイデンティティにかかわるギリギリの攻防なわけよ。
その戦いはさ、相手との戦いのように見えて、
実は社会との戦いだし、人生との戦いだし、
「幸せ」とは何かという、運命とか神様とかに挑む戦いなんだよね。
親友ふたりは、それぞれにその戦いに赴かなくてはならないんだよね。
だから、最後は女同志(あえて同志!)、寄り添ってほしかったな(笑)

ここの公演は、短い芝居を観た後に、
観客が芝居の中の1シーンを演じてみる、というワークショップがついていて、
ええ、私もやりました(笑)

久しぶりにセリフ言ったよ(笑)
案外、緊張するもんだね(笑)




翌日は、DULL-COLORED POP の「くろねこちゃんとベージュねこちゃん」を観劇。

neco.jpg


父が事故で亡くなった。
父の机の引き出しから、遺言書が見つかる。
事故じゃなかったの?
まさか、自殺?
母には見えない猫が見えているらしい。


お母さんが思い描く「幸せ」と、
お父さんが思い描く「幸せ」と、
お兄ちゃんが思い描く「幸せ」と、
妹が思い描く「幸せ」。
みんな違うんだよね。
違うってことが納得できなくて、
自分の「幸せ」を押し付けちゃうんだよね。

「幸せ」って何なんだろう?
なんでみんな幸せになりたいのに、幸せになってほしいと思うのに、
バラバラになっていっちゃうんだろう?
どうすればよかったんだろう?
どこからやり直せばよかったんだろう?


大楽に見に行ったからかな、役者たちがみんなテンション高くて
や、いい芝居でしたよ。
その中で、お兄ちゃんがわりと肩の力が抜けてておもしろかったな。
お母さんと妹が一触即発のシーンに帰ってきて、
事情がわからないから、余計なこと言っちゃって、
あわわわ・・・ってなってるのが、私的にはツボだったな(笑)
ドラマチックなシーンなのに、小さく日常がはさまってたりとかすると、
ツボるのね、私(笑)



あ、写真のネコは、芝居とは関係ないです。
検索したら出てきたカワイコちゃんたちです(笑)




posted by ゆきお at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

トゥシューズ・デビュー☆

なんだか、急に涼しくなっちゃって。

セミの声から庭の虫の音に変る季節、
ああ、去年の今頃は舞台の稽古でそれどころじゃなかったなーとか思い出して、
ダブルで切ない気分を満喫中です(爆)


じゃあ、今年は稽古してないのか、といったら
そういうわけでもなく(大爆)

いよいよ、本番まであと1ヶ月を切りました。
クラシック・バレエの発表会
大好きな「くるみ割り人形」で
ついにトゥシューズ・デビューです。
ひぃ。


20150828.jpg


トゥシューズ?
片脚でなんて、無理よ、立てないよ、回れないよ、と
文句言ってた時期もなつかしく(笑)
ここへきて、アンディオール(脚を外向きにして立つ)のなんたるかを知り
膝裏を伸ばすとはこのことか、と知り(遅っ)
腰の骨の1本1本を意識しはじめ、
あああ、これができりゃ、もう少しはましなのに、と
じたばたするも、筋肉痛で連日は踊れない、という・・・(笑)

いまが一番しんどい時期なんだけどさ。
あとで思い返すと、この時期に一番成長するんだよね。

芝居も同じ。
しんどい時期が、あとで思い出した時に、一番楽しかった時期と重なったりする。



ま、たぶん当日の舞台でも、
私はまだまだ成長途中の段階ですが(笑)
ゲストのソリストさんたちはとてもステキなので、
お時間がありましたら、ぜひ見にいらして。

入場無料ですが、チケットがないと入れません。
ご一報いただければ、受付にご用意してお待ちしてます〜♪


9/23(水・祝)
16:30 開場 → 17:00 開演
「くるみ割り人形」は、だいたい19:00くらいの予定です。
桜木町の神奈川青少年センターにて。





posted by ゆきお at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

自分を整える時間は、相手のための時間

メイクレッスンできゃーきゃー言い過ぎてて(笑)
すっかりご報告が遅くなってしまいましたが☆

Project*Rocca 月1ワークショップ【8月】
今月も無事に終了しました♪

ws1508.jpg


8月はね、暑いからね(笑)
ベーシック・クラスでは、
「がんばらない」ワークメニューを中心にして、
その場にいる、ということを堪能しました。

アドバンス・クラスでは、
いよいよ台本を使ってのインプロ、立ち稽古となってきました。
セリフのある時と、シチュエーションだけでセリフが決められていない時の違いは何か?

観客は「その場で起こっている事件」に注目します。
あらかじめ決められた状況、心理、やりとり、ストーリーには心が動きません。
脚本で決められているものに沿いつつ、いかにそれから自由になれるか。
まるで即興のように自由に脚本の芝居を、脚本のある芝居のように先に進める即興を。
トレーニングのやりがいがあります(笑)


基本的に、参加メンバーのみなさんには、
ベーシック→アドバンス、と、2クラス通して参加をお願いしています。
ベーシックの時間の中で、相手やチームとなるメンバーと信頼関係を深め、
アドバンスでは、その信頼の上で、ふだんやらないこと・言わないことに踏み込んでいく。

ひとってさ、
本気で怒ったり、本気で泣いたり、本気で告白したりって、
自分が傷つくからさ、ふだんやらないんだよ。
そもそも「本気」っぽい空気になりそうになると、
笑いやキャラクターで回避しちゃうのね。
でも、それじゃ、芝居にならない(爆)
傷ついてもいい、本気になってもいい、っていうところへ、
全員で向かっていかないとおもしろくならない。
そんなコト、仲間に対する絶対的な信頼がなかったら、怖くてできません(笑)
だから、ベーシックの時間はとても大事。
相手を受け入れてもいいと思えるくらいに自分を整える時間。
日常でこり固まってしまっているかもしれない、自分を揺さぶって、
余分なものを振るい落として、
相手を受け入れてもいい余白を作る時間。



9月もやります。
楽しくて、どきどきするよ(笑)
ぜひご参加ください。
詳細はこちらをどうぞ♪


posted by ゆきお at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

世界級の旅 その5

いよいよ・・・
この旅日記もおしまいです。

旅の最後は、ユングフラウを見ながらのトレッキング。
とはいっても、雲の中のトレッキング(笑)


でもね、
私的には、この短いお散歩が、最高に感動したのね。



switz_27.jpg


足元は露に濡れた、かれんな高山植物の草花。
風の音とカウベルの音しかしない道。
雲の中の道。

なんだか、夢の中にいるみたい。
時間がない道



switz_29.jpg


露に濡れた花を見てたら、突然、泣けてきた。
いままでからだのどこかに隠れていた悲しみや辛さが、ふいに浮かんできて、
ああ、私、つらかったんだな、って思ったら、
止まらなくなった。


風の音。

遠くにカウベルの音。

他には、何もない空間と時間。


海の気は浄化、山の気は癒し。
そんなことを以前、聞いた覚えがある。
山、世界級の山のふところで、
私はきっと、いま、世界級の癒しをあびている。



switz_28.jpg


牛が横を通り過ぎる。
ここでは、人間がわき役の客人で、牛が主役・主人。

すれ違いざま、大きな牛が「ぐもー」と鳴いた。


「よし、それでよし」

「すべて、よし」


そう言われている気がして、
また泣けた。




正直に言うと、たぶん、私は共感能力が高い。
今回、一緒に旅をした母の辛さや悲しみを、
本人は隠しているそれらを、なんだかたくさん感じてしまっていて、
重い感情を抱えてしまっていたのだ。

山は、それを全部「よし」と言っている気がして。
母の生き様も、私の資質も、
これまでの関わり方も、これからのことも。


時間のない道で。

きっと、次に訪れた時には、この道は存在しない
そんな場所で。

ありがとう、ありがとう。



ありがとう。



switz_30.jpg







posted by ゆきお at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

世界級の旅 その4

翌日のマッターホルンは、雨。
ありゃ。

switz_20.jpg


移動した先のシャモニーも、雨。
モンブランもこの旅の目的の1つだったけど、
影も形も見えず、
断念。


首都・ベルンも、雨。


夕方、グリンデルワルドに到着。
なんとなく、雨(笑)
ちょっと小降りになってきたかな、明日はどうかな。


というわけで。
神様に祈りつつ、翌朝、登山電車・ユングフラウ鉄道に乗り込む。

switz_21.jpg





トンネルを抜けて、最初の停車駅・アイガーヴァントに着く、
と。


switz_22.jpg


おおおおお。
くーもーのーうーえー!!!

なに、この演出!(喜)
標高2865mの駅だもんね(笑)
地上を濡らす雨雲の上に出ちゃうよね(嬉)

これは、頂上のユング・フラウ・ヨッホが楽しみになってきたー!(興奮)

って、駆け回って写真を撮ってたら、なんだか息苦しく・・・
そうでした、ここは標高2865m。
酸素が薄い(爆)



静かに騒ぎながら(笑)
いよいよ!
ついに!


着きました。



Top of Europe!

今回の旅のメイン・イベント。
ユング・フラウ・ヨッホ
ヨーロッパで一番高い駅。
標高3454m。
富士山より高い(笑)
くらくら(笑)



switz_23.jpg

エレベータで、一路、スフィンクス展望台へ。
カンペキ、雲の上!
雲海!雲海!!



switz_24.jpg

目の前には、4000m級の山、メンヒ



switz_25.jpg

眼下には、広大なアレッチ氷河




そして、

switz_26.jpg

ヨーロッパ最高峰、ユングフラウ
4158m。





ちなみに、展望台の気温はマイナス2℃(笑)
足元には雪が積もってます。

20150801_0.jpg


うひょーい♪




posted by ゆきお at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

世界級の旅 その3

今回の旅のハイライト!
マッターホルン!!

あああああ、
来たかったんだぁ(喜)
ハイキング?トレッキング?したかったんだぁ(嬉)
世界級の山の空気、雰囲気、時間と空間を、からだで感じてみたかたんだぁぁぁぁ(興奮)

その私の想いに応えてか(←ちゃう、ちゃう!・笑)
朝焼けのマッターくんは、金色に輝いてましたよ。
なんと!


switz_10.jpg




私のワクワクを乗せた登山鉄道で(笑)
まずは、マッターホルンを間近に見るゴルナーグラート展望台へ。

switz_11.jpg




もうね、あかん(笑)
笑っちゃう!
なんだ、このデカさ(笑)

switz_12.jpg

眼下に広がる広大な氷河。




switz_13.jpg

雲!
雲が下に見えるよ!!
うひょ〜(笑)




どんだけ、私がテンションおかしくなっていたかというと、

switz_15.jpg

このくらい(笑)





午後からは、山岳ガイドさんつきで
いよいよトレッキングですよ、トレッキング!
あああ、もう、もうもう!(笑)


トレッキングといっても、初心者向けのゆるやかなコース、
まぁ、どちらかといえばハイキングに近いけど、
気温は10月くらい、風は涼しい。
天気は最高。


逆さマッターホルンも見れたー!!!!!

switz_14.jpg




ホントに気持ちのいいお散歩(笑)
幸せだー・・・

switz_17.jpg




そう思ってみたらさ、
マッターホルンって、お釈迦様のカタチに見えないか?

switz_16.jpg

見えないか(笑)
見えるの、私だけか(笑)





ガイドさんと別れた後、地下鉄で行けるというスネガ展望台にも行ってみた。

switz_18.jpg

最高の1日だなぁ・・・



switz_19.jpg

コーヒーのカップの跡でさえ、
マッターホルンのカタチに見えるわ(笑)




世界級の山は、世界級の気持ちよさでしたぁ♪
ああ、幸せ・・・♪♪




posted by ゆきお at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

世界級の旅 その2

で、翌日は移動日。
氷河特急に乗って、一路、ツェルマットへ。


switz_07.jpg

氷河特急は、世界で一番遅い特急なんだとか(笑)
そりゃね、ステキな景色を見つつ運行しますからね、
ゆっくり走ってもらわないとね(笑)

パノラマ車両といって、屋根もガラス張りになっていて、
うん、景色を見るにはいいんだろうけど、
これはガッツリ日焼けしそうな・・・
女優的にはどうなんだ・・・(笑)



switz_08.jpg

でもなー、こんな景色が次から次へと展開されちゃ、
あーもーいいか、日焼けしても!
って気になっちゃうよね(笑)



氷河特急でアンデルマットまで移動し、
そこからバスに乗り換えて、フルカ峠を越え、
ツェルマットの入口の町・テーシュで電車に乗って、
目的地・ツェルマットを目指す。
ツェルマットの街中はガソリンで走るバスや自動車はNG、
電気自動車しか走れないんだって。
たしかに空気が排ガスくさくないー嬉しいー(笑)
ああ、この空気を持って帰りたいー(笑)



switz_09.jpg

21時頃のマッターホルン
くっきり見えてる!!

明日、登ります。
これまたステキ風景が期待できそう〜♪




posted by ゆきお at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。