2015年11月25日

芝居はコミュニケーションのアートだからね

ご報告が遅くなりましたが☆
11月のRocca 月1ワークショップ、無事に終了しました♪

今月からは2名さま以上の希望で開催日とワークを決める、
リクエスト開催をしているのですが、
大人数でわいわいとにぎやかなワークもいいですが、
少人数でのアットホームな雰囲気の中での、リラックス&集中のワーク
充実していておもしろかったですよ(笑)

もうね、はじめましての自己紹介の時からリラックス(笑)
今日のメンバーと知り合いになっていただき、
今日の会場を探検して、場所とも知り合ってもらって、
今日の自分とも知り合うアップの時間になったら、
もう、ゆるゆるです(笑)
その後に「言葉のないコミュニケーション」のためのゲームをするのですが、
セリフはないんですよ?
セリフはないのに、もはや何かのシーンに見える(驚)


人って、
純粋に言葉だけで他人に影響しているのは、7%なんだそうです。
23%は、周辺言語と呼ばれる声の調子や間、溜息やうなづきなどが影響し、
残りの70%はタイミングや仕草、色や空間など、言葉には関わらない、
ノンバーバル(非言語)のパフォーマンスだそうです。

ノンバーバルの表現と、バーバルの中の周辺言語を割合を合わせると、
実に、93%!(驚)

なので、セリフの言い方をトレーニングするより、
相手との関係や距離感や受け入れ度合を体現できた方が、
見ている方はたくさんの情報を得られて、
芝居がおもしろく感じられるわけです。

そして、その多大な情報とセリフがかみ合っていないと
観客の頭は、その整合性を取ろうとして、
頭の中は大忙し☆
それが深読みになって、
より芝居をおもしろくすることもあれば、
あまりにも頭の中が忙しくなってしまうと、
「疲れちゃった、考えるの、もうやーめた」ってなって(笑)
「演技が下手なんじゃない?」
「この芝居、はやく終わらないかな・・・」になったりする(怖っ!)



ということは、おもしろい芝居にするには、
セリフの言い方を訓練するより、
セリフ以外でのコミュニケーションを豊かに仕上げた方が、
たぶん、早道☆


他人とコミュニケーションするってどういうことなのか?
そんなことを体感できるワークショップをしています。


anml_02.jpg




12月もリクエスト開催しますよ♪
気になった方は、ぜひ♪♪





posted by ゆきお at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。