2015年10月21日

時代に愛され、時代に負けたダンサーの物語

ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏」観てきました。

2013年に起きた、硫酸襲撃事件を中心にしたドキュメンタリー。
世界3大バレエ団の裏側にカメラが入った!というのが売り(笑)
1つの事件に対して、いろんな立場の人からのいろんな意見をすくい上げていて、
とても立体的に見せていたと思う。


bolshoi.jpg



世界に誇る、ロシアのボリショイ・バレエ。
歴史と伝統のあるそのバレエ団の公演終了後に、
芸術監督の顔に硫酸がかけられるという事件が起こる。
芸術監督の名前は、セルゲイ・フィーリン。
硫酸をぶっかけた犯人は、パーヴェル・ドミトリチェンコ。
彼もダンサーで、同僚たちからはとても信頼されてたみたい。
で、つきあってた彼女が、フィーリンから冷遇されていて、
それが腹に据えかねて、硫酸ぶっかけたそうだけど。


ここらへんまでは、新聞で読んで知ってた。
そして「ああ、やっぱりな」と思った(笑)
バレエだろうが演劇だろうが、
大なり小なり、どこにでもある話だ。

芸術監督や演出、プロデューサーが配役する。
気に入った若い子(しかもヘタクソ)をいい役につけて、
いままでがんばってきた古株のダンサーや役者から役を取り上げちゃう。
で、内部で猛烈な軋轢が生まれるっていう(笑)

ダンサーとか役者とかって、とにかく舞台に立ちたいからさ(笑)
舞台に人生捧げちゃってるからさ。
舞台に立てない、立たせてもらえないってことは
「おまえ、死ね」って言われてるのと一緒なのよ(笑)
その嘆き、その恨み、その瞋恚たるや、推して知るべしよ。

それがまた、自分が舞台に立てないっていうなら、どうにか我慢もするわさ。
あきらめもするかもしれない。
でも、自分の大事な恋人が「もう死にたい」って言って、毎日泣いてたらどうよ?
ドミトリチェンコっていい人そうだしさ(笑)
きっと逆上しちゃったんだろうなぁ・・・




だから、新聞を読んだ時点で、
私の中では、フィーリン悪人説でかたまってたんだけど(笑)



彼、若い頃はボリショイで人気のダンサーだったらしい。
引退後にモスクワ音楽劇場の芸術監督に就任、
その後、ボリショイ・バレエに引き抜かれるんだけど、
その移籍の時、どうやら筋を通したやり方じゃなかったみたいね。
他の人の迷惑も顧みず、わがままに移籍しちゃったんだろうな、
と思えるコメントがあったし。
で、ボリショイに移ってからは、外部から新しい若いダンサーを引っこ抜いてきて
古株のダンサーを差し置いていい役につけちゃうわけ。
この事実だけ見ると、ね、ほら、典型的な悪いヤツなんだけど(笑)



フィーリンへのインタビューに
昔も今も、僕は変わっていない
ってコメントがあって。

あ、そうか、って思った。


もしかしたら、彼も被害者なのかもしれない。

時代の、
そして、ロシアという国の。




映画では描かれていなかったけれど、
調べてみたら、1990年にプリンシパルになったらしいから、
彼がダンサーとして活躍したのは、
1990年代以降から、引退する2008年までということになるよね。
確かな基礎技術に裏付けされた正確な踊りで、
新作や再振付なんかで好評を得ていたダンサーみたいだし、
世界各国のバレエ・コンサートへの出演や
ロシア国外のバレエ団への客演も多かったそうだし。


1990年から2010年頃のロシアといえば、
1991年にソ連が崩壊、エリツィンがロシアの大統領に就任。
共産主義から資本主義へ国の体制が移行する過程で、
深刻な物不足と、拙速な市場経済化による貧富の差の劇的な拡大が生じてた時代。
1999年にはエリツィンに変わって、プーチンが大統領の椅子に座り、
ロシアの持つ豊富な天然資源をバックに、年々高い経済成長を遂げて、
貧困も半減した、そういった時代。



大きな変化、新しいものへの期待、その成功。
そういう時代の空気の中で、第一線のダンサーとなったセルゲイ・フィーリン。



たとえば、バブルの頃に青春を謳歌していた人は(笑)
いまだにその価値観や気分が抜けないように、
セルゲイも、その「変化はすばらしい」「新しいものはすばらしい」、
「新しいもので成功する」っていう価値観
捨てられずにいたのではないのかな、と思ったんだよね。


だから、240年続いた・世界に誇るボリショイ・バレエに引き抜かれた時には、
自分の価値観が認められたってことだと思ったろうし、
だから、240年続いた・ロシア伝統のボリショイ・バレエの芸術監督に就任した後も、
「新しいことはいいことだ」って思って、
外部からダンサーをばんばん入れたし、新しい子にいい役を抜擢するし、
それで成功すると思ってたんだと思うんだよ。


でも、彼が引退した2008年にはメドヴェージェフが大統領に就任していて、
その後、グルジアとの間で武力衝突が発生したりして、
だんだん時代がきな臭くなってきた。
2014年にはウクライナあたりで軍事介入したりして、
欧州との関係も微妙になってきてるし、
人の心は「変化」よりも「安定」「安心」を求めてきていたのではないかな。


でも、セルゲイは「変化」しようとする、「新しいもの」を導入しようとする。
「伝統」「安定」が息を吹き返しつつある時代に。
彼は彼で、一貫して「いい舞台」を創ろうとしてきたんだと思うよ。
でも、彼は時代に愛され、そして時代に裏切られたんだとも思うんだ。
240年の伝統、それを支えてきた怨念のようなものが、
時代の機運という味方を得て、
容赦なく彼を押しつぶしていくように見えるんだよ。



セルゲイ・フィーリンは、
犯人のドミトリチェンコに舞台の栄光を奪われたんじゃない、
新しい総裁のウラジミール・ウーリンにパワーゲームで負けたんじゃない。
「時代」と「ロシアという国」に愛され、そして戦いを挑んで、負けたんじゃないかな。




2015年7月、ボリショイ・バレエは、
セルゲイ・フィーリンの芸術監督の契約更新をしないことを決定。
でも、解雇はしない。


僕は、ボリショイの芸術監督を受けるべきじゃなかった
喜びも楽しみもない


そう言ったセルゲイの、舞台人生。






どうか、もう一度、彼が舞台を好きになれますように・・・
舞台の幸せを思い出せますように・・・







監督:ニック・リード(英)
Bunkamura ル・シネマで、10/30まで(予定)

あ、ちなみに、火曜日は1100円で見れますよ(笑)










posted by ゆきお at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。