2015年09月30日

もう自分を騙さない

先週末。
センターマッスル活性化セミナー 入門編」とやらに参加してきました。

以前から気になってはいたんだ(笑)
こころの問題をからだで解決するメソッドのようだったから。
入門編なので、ざっくりと大枠を教えていただきましたが、
ふだん、なんと筋肉に無自覚に生活していることか、と思いました(笑)


なにか心理的な刺激を受けると、筋肉に電気信号が走ります。
それがアウターマッスル(外側の筋肉)に走ると、「緊張」「不快」に感じられ、
センターマッスル(内側の筋肉)だと、「安心」「快感」に感じられる。
ちょっとやってみるとわかるよね。
アウターマッスルに力を入れると、緊張状態に近い感じがするじゃん。
じゃあ、次はセンターマッスルに力を入れてみよう、とすると、
ん?どうやっていいかわからない・・・(爆)
というわけで、その方法を、セミナーで具体的に教えてもらいました。

からだが変わると、こころも変わる。

センターマッスルにちゃんと力が入っていると、
気持ちが安定して、自己肯定感も自然と高くなるし、ブレない。
ここの力が抜けていると、
いわゆる「腑抜け」「腰抜け」状態だから、
そんなからだを支えるために、アウターマッスルに力が入る、
と、常に緊張しているイヤな感じが続くことになる(笑)

自分にウソをついて、自分の気持ちを騙して、
悲しかったり怒っていたり不安だったり、逆にめっちゃ喜んでいるのに
「いやいや、そんなことないです」って言っている時、
からだの真ん中の力が抜けてる。
センターマッスルが活性化していない。
そんな状態で、他人を信頼なんてできないし、自分も信用ならないし、
緊張して、怖れている状態で、相手とつながることなんてできない。

ああ、これ、芝居と一緒。


このメソッドは、主催の尾関さんが独自に発明した、というより
日本古来の、たとえば、「合気道」とか「茶道」とか「花道」とか、
「道」とつくものの身体訓練や、作法、躾などから学んだものだとか。
まぁ、「演技道」って単語は聞いたことがないけど(笑)
からだとこころって、本当につながっているんだな、
どっちからアプローチしても、到達点は一緒なんだな。


ちなみに、肚を決めて(センターマッスルを使って)、
緊張を解いて(アウターマッスルの力を解除して)、
「ぼく、あほやねん」ってつぶやくと(「鉄は固い」って思い込みを手放すと)

スプーンなんて、簡単に曲がります(笑)


20150926.jpg






posted by ゆきお at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。