2015年07月20日

シンギングボウル☆撮影秘話

先月、スタジオ撮影して来ました、
シンギングボウルの演奏風景。

動画の編集をして、YouTubeにアップロードしようと、
昨日から格闘していました(笑)

なにせ、はじめてづくしなので(爆)
ああでもない、こうでもないと、できた!と失敗!の間を行ったり来たりしまして(笑)
ようやく、できた、模様。






シンギングボウルって、ボウルのふちをスティックで回すと
不思議な音がするんですよ。
まるでボウルが歌っているかのようだ、っていうんで、
Singing Bowl、歌うボウル、って呼ばれています。

つまり、ボウルが歌う、その音が「シンギングボウルの音」なわけでしょ。

でも、家庭用のカメラで撮影してますからね、
細やかな音が拾えないわけ(爆)
歌わせている最中は、無音のようになっちゃうし
ヒッティングした後の長い余韻も、ただの静止画みたいに見えちゃう(大爆)

苦肉の策として(笑)
余韻を楽しむ時間はカットして(涙)
次々とヒッティングしてみようぜ、とか、
歌わせる間は、カメラをズームしてみようぜ、とか。
しかも、ズームは超・アナログ!(笑)
カメラマンの旦那くんが、カメラ抱えてじりじり寄ってくる!(大笑)

何度か撮り直ししてるからさ、
私が「さぁ、次、歌わせるぞ」ってタイミングになると、
旦那くんの「さぁ、次、寄るぞ」って意気込みが伝わってきて(笑)
しかも、ずーっと座っていてからの移動だから、
なんだろう、なんだかパキパキ音がする・・・と思ったら、
旦那くんの膝の関節が鳴る音だったり・・・
ラップ音かよ!(爆笑)

もう、ちょっと、笑いがこみあげて来ちゃって(笑)
それで演奏している最中、ずーっとニコニコ笑ってるんです、私。
むしろ、笑い出したいのを必死でこらえてるんです、私(笑)


楽しそうだから、ま、いいか(笑)


fb_01.jpg




でもなぁ、やっぱり、深い余韻と細やかな響き、そして豊かな倍音は、
動画では抜け落ちちゃうなぁ・・・

うううん。
次回の課題だな。

・・・ナマで聞いてもらえると一番いいんだけど(笑)


うん、
ナマで聞いてみたいな、と
気になった方は、ぜひ聞きにいらして♪

倍音カフェ&ワークショップの詳細はこちらです。





posted by ゆきお at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。