2015年04月23日

シンギングボウル・ファシリテータへの道 その1

今月も行ってきました、片瀬江ノ島(笑)
シンギング・ボウルのスクールです。
応用1ってプログラムを学びます。

ぶっちゃけ、オーラ〜とか、チャクラ〜とか、
よく言葉は聞くけど、実際に見えないし、実感できないし。
先生には申し訳ないんだけど、内心「あぁん?」って思っていたのよ(笑)
でも、このプログラムで学ぶ「気脈」とやらの説明を受けて、
そういうことか!といきなり腑に落ちました(爆)

チャクラって、つまり、生命力とか感情とか情報とかエネルギーとかのアンテナで、
外からものものも受け取るし、中からのものも発信するし。
それが全身に700個あるんだって。
その中でも大きくて、代表的なのが、
いわゆる7つのチャクラと呼ばれるポイント。
そこを、シンギング・ボウルの細かい震えでほぐして、活性化させる。

で、そのポイントとポイントをつないでいるのが、気脈。
でも、それがつまっていたり弱っていたりするから、
その気脈をシンギング・ボウルの音でつなぐ

いや、自分でやってみたり、逆にクライエント役でやってもらったりするんですが、
細かい震えもやさしく大事に扱われている感じで気持ちがいいけど、
ボカーンと大きな震えが来た時には、
詰まっていた何かがボカーンと壊されて、これまた気持ちがいい(笑)
音がどんどんつながって、
まるで音が降ってくる、音に包みこまれる感じ。

ま、エネルギーがどうのとか波動がどうのって話はうさんくさくとも(爆)
とても深い呼吸と、細やかな骨伝導の揺れで、
とにかく気持ちいいです(笑)
熟睡した日の朝みたいな感じ。
実際、クライエント役の時には、意識なくなってたしね(笑)
からだもこころもリフレッシュできます。

早くマスターして、みなさんにも試していただきたい(笑)
もちょっと待ってて。



ところで。
本日、ツチノト・ミ(己巳)。
なんでも、弁天さまのご縁日でこの日にお詣りするとお金持ちになれるとか?(笑)
しかも、ここは片瀬江ノ島、日本三大弁財天
今日行かないでいつ行くんだ!と、
行ってきました、江島神社☆


enoshima_01.jpg


時刻は16:20。
江の島には辺津宮、中津宮、奥津宮の3つがあって、
弁天さまがお祭りされているのは、辺津宮だとか。
暗くなる前に、できれば3つともお詣りしたい、できなけりゃ辺津宮だけでも。
長い参道も急な階段も、ダッシュ、ダッシュ!
すごい執念…、いや、根性だ(笑)


enoshima_02.jpg


お、お賽銭箱の前に「本日巳の日 弁財天ご縁日」の立て看板が。
間に合ったか。

が、観光案内所のお姉さんによれば、
八臂弁財天妙音弁財天っちゅう像が、
辺津宮の境内にある奉安殿に安置されているっていうんだね。
その奉安殿とやらは、16:30に閉まっちゃうらしいんだね。
時刻はただいま16:45。
や、まぁ、辺津宮にお詣りできたってことはさ、
つまり神社にご神体っていうか、神様はいるんだからさ、
別に像を見なくても、今日、弁天さまにお詣りできたってことじゃ…ない…の、かな…
うう…、やっぱ、間に合わなかったってことになるんだろうか…
と、まごまごしていたら、宮司さんが
「あ、こちらでチケット切りますよ〜(奉安殿の拝観料は150円)」って。
え?
「奉安殿は17:00までなので〜」って。
ええ?
ま、間に合っちゃった…(笑)

というわけで、みなさんの分も、たっぷりお詣りしてまいりました(笑)
まぁね、お金持ちになれるかどうかはわかりませんが(爆)
でも、お金じゃなくても、お金以上に何か豊かなもの
私にもあなたにもたくさん降り注ぎますように。



ま、これで1番の目的は達成したわけだし。
陽も伸びて、まだ暗くもならないようだからってんで、
中津宮、奥津宮もお詣りしてきました。

それにしても、あちこちに、がいるな…

enoshima_03.jpg


なんか、みんな大きくて、毛ヅヤがいいな…
近寄っていっても、ビクともしない(笑)
みんなそれなりに撫でさせてくれるし(愛)

enoshima_04.jpg


ノラ猫が安心して暮らせる場所っていうのは、
人間にとっても安心して暮らせる場所、
っていうのが、私の持論なので、
きっと、江の島はとても穏やかで安らかで豊かな場所なんだと思う。


enoshima_05.jpg


どうだい、この看板猫っぷり(笑)
じゃら〜ん、にゃら〜ん♪って聞こえてきそうじゃん(笑)




ステキ島、江の島。

enoshima_06.jpg

でも、坂道&階段のアップ・ダウンは相当なものよ?(筋肉痛☆)



posted by ゆきお at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。