2015年01月24日

倍音浴♪

さて。
無事に1月のワークショップもファシリテート(進行)を楽しめたので
翌日、今度は私が生徒さんになるべく、
シンギング・ボウル」とやらのワークショップに参加して来ました。

シンギング・ボウル? とは何ぞや?
って、私に聞かないで(笑)
私もつい1週間前くらいに知ったのよ(爆)

や、Roccaのワークショップでは参加者のみなさんにリラックスしてほしいからさ。
音のない空間って緊張するでしょう?
なので、開場中とか休憩中とかに流せる音楽はないかなぁ…と
なんとなく流れてるなぁ、気持ちいい音だなぁ、くらいの
あんまり自己主張のない感じがいいなぁ、と
ぼんやりCDを探しに行った折、
見つけたんだよね。

倍音

おお?
何それ?

ネット検索すると「周波数が倍の音」だということですが。
たとえば、100hzの音があったとしたら、倍の200hzの音が倍音だそうです。
これは2倍の周波数の音ですが、3倍、4倍、5倍…とあるんだとか。
ピアノで「ド」の音の鍵盤をたたいたとするじゃないですか。
そしたら、「ド」の音が鳴っていると思うじゃないですか。
でも、この時に鳴っている音を分析すると、
鳴らしている「ドの音」以外の音が同時になっているんだそうです。
鳴らしている音の2倍・3倍・4倍…の周波数を持ったすごく高い音が、
複雑に混ざり合いながら同時に鳴っているんですってさ。
で、この時の「ド」の音、つまり、一番大きく聞こえる音を「基音」、
かすかに聞こえる基音以外の音を「倍音」と呼ぶんだそうです。
へぇ。

で、まぁ、一般的に、人は、倍音の多く含まれている音や声を好むんだそうです。
なるほど。

と、納得してCDを購入すれば、この話はそこでおしまいなわけですが(笑)
それっていったい、どんな楽器なの?
できることなら、実際に演奏してみたいじゃない?

で。
行ってきました(笑)
90分のワークショップ、「はじめまして、シンギングボウル」。
はじめて見て、はじめて触って、はじめて鳴らしてみました。
最初はなかなか響かせるってことができなかったんですが、
ていうか、響いているのは手のひらに感じるんですが、
音として聞こえてこないっていうか。
ごんごん鳴らしていたら、隣の人が「すごい鳴ってますねぇ」って(笑)
あ、そういうものなの?(笑)
ひと通り自分で鳴らしてみて、最後に先生の演奏を聴いて、
気に入ったボウルがあったので、お買い上げまでしちゃって(笑)

ちょっとの間、この楽器の演奏に夢中になりそうです(笑)


singingbowl.jpg






posted by ゆきお at 02:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合唱できれいにハモると誰も出していないはずの高い声が聴こえるのだそうです。
それが倍音なんですって。
声に限らず良い楽器や良いホールでは倍音がよく鳴るんだそうな。
僕はなかなか聴くことができないんだよね。
「ほら、鳴ってるよ」「え?どこどこ?」
・・・場所ではない。
Posted by maro at 2015年01月28日 13:26
へぇぇ、そうなんだ!(喜)

鳥の声とか川のせせらぎとかも、倍音だって聞いたよ。
でも、デジタル録音した段階で、0-1に変換できない音は漏れちゃうんだとか。
やっぱり、コンサート会場に行って聞くのが一番!(笑)
Posted by ゆきお at 2015年01月28日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。