2015年08月28日

トゥシューズ・デビュー☆

なんだか、急に涼しくなっちゃって。

セミの声から庭の虫の音に変る季節、
ああ、去年の今頃は舞台の稽古でそれどころじゃなかったなーとか思い出して、
ダブルで切ない気分を満喫中です(爆)


じゃあ、今年は稽古してないのか、といったら
そういうわけでもなく(大爆)

いよいよ、本番まであと1ヶ月を切りました。
クラシック・バレエの発表会
大好きな「くるみ割り人形」で
ついにトゥシューズ・デビューです。
ひぃ。


20150828.jpg


トゥシューズ?
片脚でなんて、無理よ、立てないよ、回れないよ、と
文句言ってた時期もなつかしく(笑)
ここへきて、アンディオール(脚を外向きにして立つ)のなんたるかを知り
膝裏を伸ばすとはこのことか、と知り(遅っ)
腰の骨の1本1本を意識しはじめ、
あああ、これができりゃ、もう少しはましなのに、と
じたばたするも、筋肉痛で連日は踊れない、という・・・(笑)

いまが一番しんどい時期なんだけどさ。
あとで思い返すと、この時期に一番成長するんだよね。

芝居も同じ。
しんどい時期が、あとで思い出した時に、一番楽しかった時期と重なったりする。



ま、たぶん当日の舞台でも、
私はまだまだ成長途中の段階ですが(笑)
ゲストのソリストさんたちはとてもステキなので、
お時間がありましたら、ぜひ見にいらして。

入場無料ですが、チケットがないと入れません。
ご一報いただければ、受付にご用意してお待ちしてます〜♪


9/23(水・祝)
16:30 開場 → 17:00 開演
「くるみ割り人形」は、だいたい19:00くらいの予定です。
桜木町の神奈川青少年センターにて。





posted by ゆきお at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

自分を整える時間は、相手のための時間

メイクレッスンできゃーきゃー言い過ぎてて(笑)
すっかりご報告が遅くなってしまいましたが☆

Project*Rocca 月1ワークショップ【8月】
今月も無事に終了しました♪

ws1508.jpg


8月はね、暑いからね(笑)
ベーシック・クラスでは、
「がんばらない」ワークメニューを中心にして、
その場にいる、ということを堪能しました。

アドバンス・クラスでは、
いよいよ台本を使ってのインプロ、立ち稽古となってきました。
セリフのある時と、シチュエーションだけでセリフが決められていない時の違いは何か?

観客は「その場で起こっている事件」に注目します。
あらかじめ決められた状況、心理、やりとり、ストーリーには心が動きません。
脚本で決められているものに沿いつつ、いかにそれから自由になれるか。
まるで即興のように自由に脚本の芝居を、脚本のある芝居のように先に進める即興を。
トレーニングのやりがいがあります(笑)


基本的に、参加メンバーのみなさんには、
ベーシック→アドバンス、と、2クラス通して参加をお願いしています。
ベーシックの時間の中で、相手やチームとなるメンバーと信頼関係を深め、
アドバンスでは、その信頼の上で、ふだんやらないこと・言わないことに踏み込んでいく。

ひとってさ、
本気で怒ったり、本気で泣いたり、本気で告白したりって、
自分が傷つくからさ、ふだんやらないんだよ。
そもそも「本気」っぽい空気になりそうになると、
笑いやキャラクターで回避しちゃうのね。
でも、それじゃ、芝居にならない(爆)
傷ついてもいい、本気になってもいい、っていうところへ、
全員で向かっていかないとおもしろくならない。
そんなコト、仲間に対する絶対的な信頼がなかったら、怖くてできません(笑)
だから、ベーシックの時間はとても大事。
相手を受け入れてもいいと思えるくらいに自分を整える時間。
日常でこり固まってしまっているかもしれない、自分を揺さぶって、
余分なものを振るい落として、
相手を受け入れてもいい余白を作る時間。



9月もやります。
楽しくて、どきどきするよ(笑)
ぜひご参加ください。
詳細はこちらをどうぞ♪


posted by ゆきお at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

世界級の旅 その5

いよいよ・・・
この旅日記もおしまいです。

旅の最後は、ユングフラウを見ながらのトレッキング。
とはいっても、雲の中のトレッキング(笑)


でもね、
私的には、この短いお散歩が、最高に感動したのね。



switz_27.jpg


足元は露に濡れた、かれんな高山植物の草花。
風の音とカウベルの音しかしない道。
雲の中の道。

なんだか、夢の中にいるみたい。
時間がない道



switz_29.jpg


露に濡れた花を見てたら、突然、泣けてきた。
いままでからだのどこかに隠れていた悲しみや辛さが、ふいに浮かんできて、
ああ、私、つらかったんだな、って思ったら、
止まらなくなった。


風の音。

遠くにカウベルの音。

他には、何もない空間と時間。


海の気は浄化、山の気は癒し。
そんなことを以前、聞いた覚えがある。
山、世界級の山のふところで、
私はきっと、いま、世界級の癒しをあびている。



switz_28.jpg


牛が横を通り過ぎる。
ここでは、人間がわき役の客人で、牛が主役・主人。

すれ違いざま、大きな牛が「ぐもー」と鳴いた。


「よし、それでよし」

「すべて、よし」


そう言われている気がして、
また泣けた。




正直に言うと、たぶん、私は共感能力が高い。
今回、一緒に旅をした母の辛さや悲しみを、
本人は隠しているそれらを、なんだかたくさん感じてしまっていて、
重い感情を抱えてしまっていたのだ。

山は、それを全部「よし」と言っている気がして。
母の生き様も、私の資質も、
これまでの関わり方も、これからのことも。


時間のない道で。

きっと、次に訪れた時には、この道は存在しない
そんな場所で。

ありがとう、ありがとう。



ありがとう。



switz_30.jpg







posted by ゆきお at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

世界級の旅 その4

翌日のマッターホルンは、雨。
ありゃ。

switz_20.jpg


移動した先のシャモニーも、雨。
モンブランもこの旅の目的の1つだったけど、
影も形も見えず、
断念。


首都・ベルンも、雨。


夕方、グリンデルワルドに到着。
なんとなく、雨(笑)
ちょっと小降りになってきたかな、明日はどうかな。


というわけで。
神様に祈りつつ、翌朝、登山電車・ユングフラウ鉄道に乗り込む。

switz_21.jpg





トンネルを抜けて、最初の停車駅・アイガーヴァントに着く、
と。


switz_22.jpg


おおおおお。
くーもーのーうーえー!!!

なに、この演出!(喜)
標高2865mの駅だもんね(笑)
地上を濡らす雨雲の上に出ちゃうよね(嬉)

これは、頂上のユング・フラウ・ヨッホが楽しみになってきたー!(興奮)

って、駆け回って写真を撮ってたら、なんだか息苦しく・・・
そうでした、ここは標高2865m。
酸素が薄い(爆)



静かに騒ぎながら(笑)
いよいよ!
ついに!


着きました。



Top of Europe!

今回の旅のメイン・イベント。
ユング・フラウ・ヨッホ
ヨーロッパで一番高い駅。
標高3454m。
富士山より高い(笑)
くらくら(笑)



switz_23.jpg

エレベータで、一路、スフィンクス展望台へ。
カンペキ、雲の上!
雲海!雲海!!



switz_24.jpg

目の前には、4000m級の山、メンヒ



switz_25.jpg

眼下には、広大なアレッチ氷河




そして、

switz_26.jpg

ヨーロッパ最高峰、ユングフラウ
4158m。





ちなみに、展望台の気温はマイナス2℃(笑)
足元には雪が積もってます。

20150801_0.jpg


うひょーい♪




posted by ゆきお at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

世界級の旅 その3

今回の旅のハイライト!
マッターホルン!!

あああああ、
来たかったんだぁ(喜)
ハイキング?トレッキング?したかったんだぁ(嬉)
世界級の山の空気、雰囲気、時間と空間を、からだで感じてみたかたんだぁぁぁぁ(興奮)

その私の想いに応えてか(←ちゃう、ちゃう!・笑)
朝焼けのマッターくんは、金色に輝いてましたよ。
なんと!


switz_10.jpg




私のワクワクを乗せた登山鉄道で(笑)
まずは、マッターホルンを間近に見るゴルナーグラート展望台へ。

switz_11.jpg




もうね、あかん(笑)
笑っちゃう!
なんだ、このデカさ(笑)

switz_12.jpg

眼下に広がる広大な氷河。




switz_13.jpg

雲!
雲が下に見えるよ!!
うひょ〜(笑)




どんだけ、私がテンションおかしくなっていたかというと、

switz_15.jpg

このくらい(笑)





午後からは、山岳ガイドさんつきで
いよいよトレッキングですよ、トレッキング!
あああ、もう、もうもう!(笑)


トレッキングといっても、初心者向けのゆるやかなコース、
まぁ、どちらかといえばハイキングに近いけど、
気温は10月くらい、風は涼しい。
天気は最高。


逆さマッターホルンも見れたー!!!!!

switz_14.jpg




ホントに気持ちのいいお散歩(笑)
幸せだー・・・

switz_17.jpg




そう思ってみたらさ、
マッターホルンって、お釈迦様のカタチに見えないか?

switz_16.jpg

見えないか(笑)
見えるの、私だけか(笑)





ガイドさんと別れた後、地下鉄で行けるというスネガ展望台にも行ってみた。

switz_18.jpg

最高の1日だなぁ・・・



switz_19.jpg

コーヒーのカップの跡でさえ、
マッターホルンのカタチに見えるわ(笑)




世界級の山は、世界級の気持ちよさでしたぁ♪
ああ、幸せ・・・♪♪




posted by ゆきお at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

世界級の旅 その2

で、翌日は移動日。
氷河特急に乗って、一路、ツェルマットへ。


switz_07.jpg

氷河特急は、世界で一番遅い特急なんだとか(笑)
そりゃね、ステキな景色を見つつ運行しますからね、
ゆっくり走ってもらわないとね(笑)

パノラマ車両といって、屋根もガラス張りになっていて、
うん、景色を見るにはいいんだろうけど、
これはガッツリ日焼けしそうな・・・
女優的にはどうなんだ・・・(笑)



switz_08.jpg

でもなー、こんな景色が次から次へと展開されちゃ、
あーもーいいか、日焼けしても!
って気になっちゃうよね(笑)



氷河特急でアンデルマットまで移動し、
そこからバスに乗り換えて、フルカ峠を越え、
ツェルマットの入口の町・テーシュで電車に乗って、
目的地・ツェルマットを目指す。
ツェルマットの街中はガソリンで走るバスや自動車はNG、
電気自動車しか走れないんだって。
たしかに空気が排ガスくさくないー嬉しいー(笑)
ああ、この空気を持って帰りたいー(笑)



switz_09.jpg

21時頃のマッターホルン
くっきり見えてる!!

明日、登ります。
これまたステキ風景が期待できそう〜♪




posted by ゆきお at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

世界級の旅 その1

ちょいとの間、ご無沙汰していました。
日本の一番暑い季節、
ひんやり、スイスに遊びに行ってました(楽)

というわけで、みさなんに涼しい空気をおすそ分け♪



初日、サン・モリッツに到着。
湖畔の小さな町。
や、涼しいっていうか、むしろ寒い!(笑)
朝の気温、7℃ですってよ。
きゃ♪(嬉)

switz_01.jpg



翌日、サン・モリッツからベルニナ急行で、ディアヴォレッツァ展望台へ。
ロープウェイで片道10分の空中遊覧。
この日は快晴。
期待が持てます〜♪

switz_02.jpg



ディアヴォレッツァ・・・、
ディアヴォロスって「悪魔」って意味じゃなかったでしたっけ?
昔、登山する人たちは氷河で命を落としていたんですって。
だから、氷河には悪魔が住んでいると思われていたとか。

switz_04.jpg



でも、この景色!

switz_03.jpg

悪魔だって、見たくなっちゃうよね(笑)




4000m級の山、ピッツ・ベルニナの眺望を楽しんだ後、
サン・モリッツの町に戻って、
今度は町の反対側からベルニナ・アルプスを見る。

switz_05.jpg



ピッツ・ネイル展望台は、360度が見渡せる、山の頂上。
足場は岩だらけ、草が生えない高さ。
ここも風が強い。
怖い。
でも、ずーっとここにいたい。

以前、箱根の駒ケ岳に登った時にも思ったけど、
神様って、山の上にいるんだね。
さみしくて、人間は住めない場所。
なるほど、ここも神様の住まう場所なんだな、とか思ったり。



とはいえ、ずーっとそこにいるわけにもいかないので(笑)
ぼちぼち町に下りて来て(笑)

switz_06.jpg

オードリー・ヘプバーンも食べたという、老舗のチョコレート屋さんをひやかして(笑)
さて、明日は人気の氷河特急に乗りますよ〜♪





posted by ゆきお at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。