2015年06月25日

「隠す」難しさ

先週末、ULPS公演「評決」を見てきましたよ。
脚本はアガサ・クリスティ。


ulps_2015.jpg


自分の正義を貫いたために、故国の大学を追われるようにして、
英国に亡命してきた大学教授。
妻はいまだ治療法もわかっていない難病に苦しんでいる。
妻のいとこと家政婦が家事の面倒を見てくれているが、
はて、妻のいとこ?
なぜここに、妻のいとこ?
って、まぁ、教授の愛人なわけですよね(笑)
愛人っちゅうか、教授も彼女もお互いにお互いを想っているけど、
それを絶対に口には出さない、態度にも出さない。
だって、奥さんと一緒に暮らしているから。
もう、これだけでサスペンス(笑)
そんな緊張度合が高い状況の中に、
女生徒の1人が「私を教授の生徒にしてくれ!」と押しかけてくる。
彼女は若くてお金持ちで魅力的、で、押しも強い。
欲しいものはなんでも手に入れてきた。
で、その彼女が引っ掻き回して、
今までのひそやかな緊張の糸をプッツリ切るような事件が起きる、と。


うん。

「隠す」演技って、難しいものだな、と思いました。

教授といとこがお互いに好きな気持ちを持っているんだけど、
それを相手に悟られちゃいけないし、
もちろん、奥さんには隠さなくちゃいけないし、
世間にも見破られちゃいけないけど、
観客にはわかってもらわなくちゃいけない(笑)


うーんとね。

脚本には何が書いてあるかというと、「行動」が書いてあるんです。
セリフにしても、「こういうことを言いました」という「行動」なんですね。
だから、「行動」しないと演技にならない。
その「行動」を裏付ける気持ちや背景を作ってくるのが、
役者の仕事なわけです。

で、問題の「隠す」。
実際に隠された行動、気持ち、演技は、
観客には見えないから「なかったこと」になってしまう。

じゃあ、どう表現するのか。
「それが露見しなさそうな時に、どう行動するのか」
「それが露見しそうになった時に、どう行動するのか」

そのシチュエーションは、脚本に書いてある時もあるし、
演出や役者が脚本から拾う時もある。

秘密の共有と露見。
やむにやまれぬ状況になり、
それが積み重なって、絶体絶命に追い込まれていく。
アガサ・クリスティの脚本の中で、唯一サスペンスではない作品、とのことでしたが、
充分にサスペンスだった気がします(笑)


A班とB班のダブル・キャスト。
その仕上がりの差は、この「行動」の差のように思えました。



まぁ、この脚本は、50〜60歳台の役者でやるような芝居だよね。
みんな、よくがんばりました(笑)
お疲れさま。
次回も楽しみにしています♪



posted by ゆきお at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

わたし、やめることにしました

Peoject*Roccaの月1ワークショップ。
週末、無事に終了しました。
今回も楽しかった〜(笑)

「はじめて経験するワークばかりで、最初は緊張したけど、
 途中から夢中になって、
 帰宅してからも興奮してて、
 眠れませんでした」
ってご感想をいただきました(嬉)

今月のアドバンス(脚本)クラスでは、キャラクター分析を実施。
役をもらった後、どうやってその役を立体的に作っていくか。
よく、演出に「その裏設定、いらないから」って言われてる役者さん、見かけませんか?
必要なサブテキストと、不要な裏設定の違いは何か?
必要なサブテキストはどうやって作るのか、
どうしたら必要なサブテキストで役を豊かに生きられるのか、
そんなレクチャーとワークの後の、インプロ。
や、とてもリアルでシリアスなのに、なぜか笑えるシーンになりました(笑)
みんな、ナイス・ファイト!


ws1506.jpg




さて。
この、アドバンス・クラス。
5月から本格的にスタートしまして。
脚本を使って、ただ月に1回、稽古する、なんて、つまらないじゃないですか。
どうせなら上演する目的で稽古しないと、モチベーション上がらないじゃないですか。
このワークショップに集まってくるメンバーみんなのことが好きだから(笑)
彼らが舞台の上で輝いてる姿がみたいじゃないですか。

なので、この2か月、どうしたら公演がカタチになるか、
ワークショップとしてやるのか、Roccaの本公演としてやるのか、
上演はいつがいいのか、期間は何日なのか、
劇場はどこにするのか、
スタッフは誰にお願いするのか、
経費はいくらかかるのか、
制作費予算はどうするのか、
チケット代はお客さまからもらうのか、
発表会扱いなのか、
ダブルキャストにするのか、シングルなのか、
大きく宣伝するのか、身内だけにチラシ配るのか、

いろいろ考えて、
時には気持ち悪くなるくらい考えて、


で、



わたし、






考えることを、やめました。





みんなが舞台で輝いてる姿が見たい、
この役者がこの役で一生懸命に生きている姿が見たい、
その思いで、いままで、Project*Roccaの本公演をプロデュースしてきたんですが。

プロデュース、つまり、制作ね。
いま言ったような、
期間決めて劇場決めてスタッフ交渉して予算立てて資金調達して稽古場おさえて役者に配る台本印刷してチラシ作って折り込み行って宣伝サイトに書込みしてチケット管理して受付してケータリングして打上げ会場決めて経費精算してノルマ清算して現場の空気が悪くならないようにいつもニコニコしてる仕事ね。

それ、みんなの笑顔のために、やってきました。
みんなの笑顔が見たい、その一心で、
やりたくないってほどのことでもないし、
実際やれる能力も時間もあるし、
それよりもその目標の方が大事だから、
今までずーっとやってきました。
ずーっとやってきた経験があるから、人並み以上にやれるけど、

でも、

私が一番やりたい仕事じゃないことに、
気がついてしまったの。


私は、稽古場で、役者の中からふと漏れ出してくる何かが好きなんだ。
その瞬間に立ち会うのが好きなんだ。
それが生み出される時間と空間のために、
みんなより早く稽古場入りして、掃除もしてCDもかけてアロマスプレーもして、
緊張を解くためのワークも考えて、脚本も準備して、
勇気出してやってごらんって背中も押して、
よし、それができるなら、次はこれに挑戦してみようじゃないか、って
一緒に世界の果てまで旅行したいんだ。
そういう現場を作るんだ。

それが一番やりたいことなんだ。

たぶん、それは、私にしかできないことなんだ・・・



私ができること、じゃなくて、
私にしかできない仕事を、精一杯やりきることが、
チームのためなんだとしたら、
それに全力を尽くしたいんだ。

チームを作ること。
演出すること。
作品を作ること。
作品の責任をとること。
主宰すること。



おもしろい脚本、見つけました。
モチベーションの高い、いい役者もそろってます。
いい作品に育てます。
演出は私です。

これを上演まで一緒にカタチにしてくれる方、
いませんか?





posted by ゆきお at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

父親の愛っていうヤツにやられた!

別役実フェスティバル参加作品、
Pカンパニーの「ジョバンニの父への旅」を見てきました。

先日の青年座がよかったからね。
別役世界の宮沢賢治を、ちょいと追いかけてみました。
この作品もとてもおもしろかったです。


p15.jpg


楽しみ方は2つ。

1つは、役者たちがみんなとても上手なので、
会話そのものがおもしろい(笑)
上質のコントみたい。
私の席の前列に小学生の男の子が座っていたけど、
げらげら笑っていたよ(驚)

2つ目は、観客の持っている内面に何かしらがひっかかって、
「あれ?こういうことかな?」って
自分なりの解釈=深読みを許す。
見る人によって、たくさんの見方が生まれる。



・・・で、私は何にひっかかったかというと(笑)

ここからは、ネタバレがあるよ。
不条理劇だからって、ナビゲーションはいらないわよ〜ネタバレはなしよ〜って思う方は、
公演後に読んでくだされ(笑)



さて。

ザネリは本当はジョバンニに突き落とされたんじゃないか?
それをジョバンニの父は見ていたんじゃないか?
父は息子の罪をかぶったんじゃないか?
ジョバンニはかたくなに、そんなことはない、と言い張るけれど。
いじめられっ子は、逃げるんです、だからいじめられるんです、
だから、僕はやっていないんです、と叫ぶけれど。

父は、息子に、いじめっ子のザネリが憎い、と言ってほしかった。
ジョバンニにザネリが憎いと思う気持ちを認めさせたかった。
反撃する息子でいてほしかった。
・・・なぜ?

憎いという、真っ黒な気持ちをなかったことにして、
ふわふわと幻想のキレイな世界に逃げ込むな、
って、言ってるんじゃないかな?
と思ったよ。

自分の汚い部分も認めて、抱えることが生きていくことだから。

それを認めないと、他人の汚い部分も認められない。
他人を受け入れられない。
他人を許せない。
愛せない。

それが生きるということなら、
お前は、生きろ。
生きるんだ。
生きていくんだ。


「あれが、お前のお母さんと姉さんの家だ」というセリフが、

汚いところも、ずるいところも、憎しみも怒りも抱えている人たちの家だ。
やさしさも、あたたかさも、悲しみも愛も抱えている人たちの家だ。

そんなふうに聞こえたよ。


父親の愛は、とても熱い。
熱くて厳しくて深くて尊い。
母の愛は息子の存在に対する受容だけれど、
父の愛は息子の人生に対する責任なんだなぁ。

なんだか、とても泣けてきたよ。
久しぶりにお父さんに電話しようかなぁって気持ちになった(笑)



美術(セット)、とてもよかったです。
レトロでなつかしくて、賢治っぽい(笑)
照明もきれい。
でも、特筆すべきは音楽
星祭の音楽が、もう、ステキすぎ(笑)
東北の村祭りのようでもあり、西洋音楽風でもあり。
ああ、銀河鉄道の世界!って思えた(笑)

初日だったからか、役者のセリフ噛みだけがちょっと気になったくらい(爆)



池袋・シアターグリーンのBox in Boxで。
6/14まで。
音楽は日高哲英さん。


posted by ゆきお at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

時間を巻き戻すクリーム、作ってみました

庭のローズマリーがジャングルのようになってきたので(笑)
何かに活用できないかなぁ・・・と思っていたら。

ローズマリーチンキ

ってヤツを作っておくと、いろいろ活用できてよさそうよ、
というわけで、作ってみました。



材料:
ローズマリー(生)20g
無水エタノール 100cc


ガラス瓶(私はジャム瓶を活用♪)を煮沸消毒して、
洗ったローズマリーの葉っぱをむしって、瓶詰して、
無水エタノールを入れて、
おしまい。

2週間〜1か月くらい、冷暗所(うちは洗面台の戸棚の中)で保管後、
ローズマリーの葉っぱをコーヒーフィルターかなんかで濾したら
できあがり。

驚くほど簡単(笑)
私にもできた!(爆)

できたチンキは1年くらい保存がきくそうです。




で、このでき上がったチンキを何に使うか、というと。

@クリーム
A化粧水
B消臭スプレー

に使えるらしい。



早速、クリームを作ってみましたよ。

材料:
ローズマリーチンキ 10cc
白色ワセリン 20g


白色ワセリンなんて、はじめて買ったわ(笑)

材料を不要なジャム瓶に入れて、15〜20分くらい湯煎にかけて、
完全に混ざって、アルコール臭が抜けたら完成。
あたたかいうちに小瓶につめかえ、固まったら、できあがり。
これまた簡単(笑)

rosemarry.jpg


不要なジャム瓶、と言ったのはね、
はじめて作った時に、ふつうに料理で使うボウル&スパチュラでやったのね。
そしたら、片づける際に、ワセリンが蝋のように固まってしまって(汗)
水で流したって、ますます固まるばかりだし、
洗剤でごしごしやっても、落ちやしない(爆)
もったいないから手足に塗り付けて(笑)
ティッシュでぬぐって、何度も洗剤でこすって・・・と、大変な思いをしたので
湯煎にかける時は、大き目の不要な容器をオススメします。
小さいと、これまた、かき混ぜているうちにひっくりかえって
水が入って、台無しになったりもしたからね。
・・・おや、簡単と言ったわりには、意外にコツがあるみたいじゃない(笑)


で、これが何によいのかと言うと。

表皮レベルの浅いしわのみならず、真皮レベルの深いしわにも有効で、
既にできたしわにも効果的、なんだそうよ(驚)

ローズマリーが含有するウルソール酸は、
コラーゲン繊維損傷の修復・改善にも力を発揮、
シワ取りの化粧品に多く入っていることで有名なビタミンA誘導体(レチノール)と同等、
いや、勝るとも言われているらしい。

このウルソール酸。
融点が高いため水蒸気蒸留のエッセンシャルオイル(精油)では抽出できず、
高濃度エタノールでのみ抽出可能、
またウルソール酸はワセリンのみに溶解可能とのこと。

難しいことはともかく(笑)
首もとのしわ!
手の甲のしみ!
女性は、それらに年齢が出るそうですからね(怖)
いまのうちから、しっかり予防&対策をしておきましょう(笑)



続いて、化粧水

材料:
ローズマリーチンキ 5cc
グリセリン 5cc
水道水 90cc


ボトルに入れて、よく振って、混ぜて、
ばしゃばしゃ使ってます(笑)



で、このローズマリーの化粧水、何によいかというと。
若返る」らしいですよ。
なんと☆

中世のヨーロッパ。
14世紀のハンガリー王妃のエリザベートは、
70歳を過ぎるころから、老齢のためか健康を害してしまいました。
そんな彼女のためにイタリアの修道院で作られた、
いわゆるチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。
それを使ったエリザベートは、肉体的な健康を取り戻しただけではなく、
隣国の若きポーランドの王子(20歳)にプロポーズされたのです☆

っていうエピソードから、
「ハンガリーの王妃の水(ハンガアン・ウォーター)」「若返りの水」と
呼ばれているそうです。



アンチ・エイジングに血道を上げるより、
グッド・エイジングでよいではないか、と思わないでもないですが。
だいたい、なんでみんな若い方がいいって思ってるんだろう?
とも思わないでもないですが。

オスは、自分の子孫を残す相手に、
より生命力の高い対象を求めるそうですので、
それでいったら、より若いメスの方が魅力的な相手ということになりますわな(笑)
で、メスはより多くのオスの目を惹き付けるために
「若いわよ」「生命力あるわよ」とアピールする、と(笑)

でも、人間は「よりよい子孫を残せるかどうか」だけで、
固体の魅力が決まるわけではない。
知性、成熟度、洗練。
人間的な魅力」と呼ばれてるヤツ。

ま、そうはいってもさ。
芸能界のはじっこで生きているとさ(笑)
より多くの不特定多数に魅力的だと思われるために、
動物的・本能的な「若さ」という魅力を武器に振りかざす場合もあるさ。
それ以外の魅力で勝負する時もあるさ(笑)
それがわかっているだけでも、
やみくもに「若くありたい!」「若く見られたい!」って
自分の思考やまわりの雰囲気に振り回されずに済むんじゃないかな。



閑話休題。
じゃあ、実際に使ってみてどうか。

うーん、クリームはちょっとベタつく感じがあるので、
この季節にはどうかな、
好みが分かれるかな。

化粧水は遠慮なくばしゃばしゃ使えるけど、
逆にもうちょっとトロみがあってもいいかも。

なんにしても、手作りコスメなので、
市販品のように防腐剤や保存剤は入ってませんから、
作る時は、1ケ月くらいで使いきる量をオススメします。
使う時も、パッチテストをお忘れなく☆



最後に、Bの消臭スプレー。

ネットで探したんだけど、「水で薄めます」くらいで、
詳しい作り方が書いてある記事がなくて・・・(笑)
適当に水で薄めて、スプレーしてますが、
どうやら水蒸気抽出のエッセンシャルオイルに比べて、
アルコール抽出のチンキは香りがそんなに立たないそうな。
でも、生ごみの臭いを消しますって書いてあったし、
庭のローズマリーでまだまだ作れそうなので、
ま、ひと夏使ってみましょうかね。




posted by ゆきお at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

罪を背負った旅の果て、について。

別役実フェスティバル。
青年座の「山猫からの手紙-イーハトーボ伝説-」を見てきました。
すごくよかったよ。


yamaneco_01.jpg


別役実らしい、いつものアイテム。
電信柱、こうもり傘、リアカー。
旅。
宮澤賢治をモチーフにちりばめられた、別役世界の中で、
それらは何を意味しているのか。


宮澤賢治って、いつまでたっても少年っぽいっていうか、
んー、硬質で理想的でキレイじゃない。
や、別に嫌いじゃないけどさ。
私にだって、そういう少年っぽい気分、理解できるけどさ(笑)
でも、どうしてそれをそんなに望んだのか、今までピンと来なかった。
なんでそんなに「本当の幸せって何?」とか、
「みんな幸せになれ〜(涙)」とか思っちゃうの?
授業では、彼の背景にあるのは、浄土宗だ、キリスト教だとか学んだけどさ。
いや、それ以前にそこへ熱心にはまっちゃう、猛烈に救いを願っちゃう、
何か心理的なきっかけがあったわけでしょ?
それは何?
アメユジュトテチテケンジャ?
妹の死って、まぁ、ショックはショックだろうけど、
妹は彼の一番の理解者だったとかいうけど、
そこまでのもの?
なにこの人、神経過敏?
少年期・青年期の純情を保ち続けたってこと?
だとしたら、「宮澤賢治、好き〜」とか言うの、恥ずかしくない?(笑)

そんなふうに思っていたけど。

それがピタッとわかった。
同じ強さ、同じ勢い、同じベクトルで、
ぐだぐだで汚くて救いようのない、血まみれの何かを彼は内包していたんだね。
そこからどうにかして逃げたかったんだね。
近親相姦、生まれてはいけない血の濃い子供、婆殺し、盗み、その果ての一村全滅。
死ぬまで絶対に他人に漏らしてはいけない恥辱、罪、秘密
それを彼は抱えていたんだね。
彼は彼から逃げたかったんだね。

そうして、逃げ切れなくなった時、
その罪を償うために、血祭りに上げられるんだね。
花火が鳴るごとに、罪人は砲につめられ、
花火とともに打ち上げられ、
血肉となって撒き散らされる男女をイメージした。
そのくらいの凄惨な内実。
そのくらい、自分をめちゃめちゃにしなくちゃ許されないような罪。
それを、彼は抱えていたのではなかろうか。
だからこそ「みんな幸せになるにはどうしたらいいのか」という願いの言葉は、
「こんな自分でも幸せになるにはどうしたらいいのか」という
すさまじく切迫した願いに置き換えられる。

2幕が秀逸でした。
鮒のタロウが「本当の幸せがあってね、みんな幸せになるよ」と言う時、
胸に迫って涙が出た。
人としての禁忌を破った自分でも、幸せになれるのか、
なっていいのか、どうしたらなれるのか、
身を斬る自問に聞こえて。

彼の中に在る血まみれの罪が、目の前に突き付けられて
抜き差しならなくなればなるほど、
彼の求める理想の世界が美しく澄明に輝いてみえる。

2幕中の、飢饉は、ものがあっても飢饉。
別役さんのこの言葉に、ドキっとした。
ものがあっても飢饉
ひとの心が餓鬼道に落ちてる状態。
もっと、もっと。
それは現代の話じゃないのか。
3幕の罪人を裁く村人たちとは、私たちのことじゃないのか。
ぞっとする。

いつも誰かと比べている、比べられてる。
だから、こいつは叩いてもいいという失敗した人を見つけると、徹底的にやっつけちゃう。
血祭りに上げちゃう。
あいつは自分より下!自分はあいつより上!っていうのを確認するために。
それはやってもやっても終わらない。
ナゼならインターネットでつながったために、
ワールドワイドで比較の序列に並んでいるから。
ああ、これは昔の戯曲なんかじゃない、
いま観るべき芝居なんだと思えた。


最後に自分の番がくる、
絞首台に向かうような気分だ。
でも、そこには誰もいない。
ただ雪が降る道をとぼとぼ歩く。
ああ、歩いているうちに、自分の中に潜っていたのか。
いままでの旅は夢だったのか、と思う。

それが夢なら、夢から覚めよう。
夢でよかったと思おう。
そして、北の国に向かおう、現実の世界に。
いいこともある、イヤなこともある、
許されない罪を背負って、みんな許し合っている、現実の世界に。

そんな印象を受けました。
感涙。




ええと、あとはね。
暗転中の猫の目がステキ(笑)
猫好きには、それだけで、もうOK!(笑)

chibineco_0602.jpg

↑山猫ならぬ、ちび猫。
どんだけ猫好きやねん(笑)

3幕の照明もステキでした。
ずっと鳴り続けてる風の音も。
それでかな、ちょっとフィリップ・ジャンティを思い出したな。



別役実は不条理劇といわれるけど、
物語がしっかりしていて、2時間ひきこまれたよ。
久しぶりに「終わってほしくないなぁ」「もう1回観たいなぁ」と思える舞台に出会いました。
・・・両隣のおばちゃんたちは寝てたけど(笑)




青年座の「山猫からの手紙-イーハトーボ伝説-」は、6/7(日)まで。
代々木八幡の青年座劇場で。
演出は伊藤大さん。




posted by ゆきお at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。