2015年02月23日

ここにあったか、やる気スイッチ!

先日の月1ワークショップ【2月】に、
とっても嬉しいご感想をいただきました(喜)
ご本人にご了解を得られましたので、ご紹介させていただきますね♪


----------------- + ---------------

先日はとても充実した時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました♪

様々なメニューでリラックスできたり、
濃い時間でしたが終わってみるとあっという間でした☆彡

ムーバーレシーバーはお相手した方が面白かったです。
皆様の様子もぜひ見たかったです♪

印象に残ったものは多いですが、しいてあげますと「3人で1ピクチャ」です。
自分では(他の方が思い付いたのと、間違っていたらどうしよう。。)とか、
難しくて思いつかなかったり、
なかなか一歩踏み出せず、残念でした。
しかし、個性的な絵が見れて、笑ったり、ハッとさせられたり、
楽しく観賞でき、大変勉強にもなりました♪

全体を通して、ゆきおさんの明るいお人柄と気配りのおかげで、
時間がたつにつれてリラックスしていき、凝っていた心がだいぶほぐれました!(笑)
ありがとうございます♪

次回も、楽しみにしております♪
宜しくお願い致します。

----------------- + ---------------


わぁ♪
こんなふうに言っていただけたら、
やる気出ちゃうなぁ(笑)


ちなみに、やる気スイッチは脳の角回という部位にあるんだそうです。
下図でいうと、黄色の部分ね。

gyrus_01.jpg


この角回が興奮すると、いわゆる「やる気スイッチが入った状態」になるわけ。
じゃあ、どうしたら角回が興奮するのかというと、
それをやるしかない」んだって(笑)

つまり、やる気スイッチが入ったからバリバリやれるんじゃなくて、
やってるうちにやる気スイッチが押されて、
やる気が出てくるらしいのね(笑)

ああ、そういえば、去年暮れの大掃除とかも、
やってるうちに、なんだか楽しくなっちゃって(笑)
結局、紅白終わるまで掃除してたんだった(爆)



というわけで、
ワークショップ気になるなぁ…という方、
どうしようかな…と迷っている方、
やるならいま!(笑)

ぜひご参加くださいませ。
もりもりやる気が出てきますよ(笑)

3月のワークショップ、詳細はこちらからどうぞ。



posted by ゆきお at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

3つ目の笑顔に隠されていること

今日は、2月22日。
猫の日でございます(笑)

というわけで、うちのちび猫を拾った時の写真など。

chibi_01.jpg

拾って1か月くらい経った頃。
この頃はまだ右目の瞬膜が瞼にひっついてましてね、
全身麻酔の手術になるから、何度も麻酔をすると負担になるってんで、
避妊手術と同時にやりましょう、と獣医さんから言われまして。
あんまり幼いと避妊手術ができないし、
かといって、あんまり待ってても瞬膜が離れなくなっちゃうし。
結局、この3か月後くらいに手術したんだっけかな。
この頃のちび猫は、手のひらに乗るくらいの大きさでしたよ。



chibi_02.jpg

これがBefore。
女の子ですけどね、青い首輪のせいかな、
ちょっと少年っぽい感じよね(笑)


chibi_03.jpg

で、これがAfter。
なんでしょう、同じ猫に見えるような、見えないような?(爆)




chibi_04.jpg

だって、こんなだったんですよ?


chibi_05.jpg

それが、こんなって・・・



あ、わかった、表情だ!(驚)
子供の頃よりも、いまは表情が豊かっていうか、人間ぽくなってる!(笑)


そういえば、子供の頃はほとんど鳴かない猫だったなぁ。
獣医さんにも「拾った時に鳴いてましたか?」と聞かれて、
「や、鳴いてなかったですね」って答えたら、
「あぁ、それじゃ、鳴いてももう母猫は戻ってこないってわかっちゃってますね・・・」と言われ、
軽くショックを受けたのでした。
それから、ちび猫がちょっとでも鳴いたら、
「なに、ちびちゃん、なに?」と反応をするようにしていたんですが。
結婚して同居の家族が増えて、それからかなぁ、猫がおしゃべりするようになったの。
いまじゃ、「ごはんくれー」「どこ行ったー」「顔拭きイヤじゃー」と(笑)
毎日みんなに何かしら訴えていますけども(笑)
猫でも、抑えていた感情を表現できるようになるんだね。



ところで。
笑顔には3種類あるってご存知でしたか?

1つは、「おもしろい」「楽しい」という気持ちから出る笑顔。
2つ目は、「親しくなりたい」「好き」「興味があります」という時の笑顔。
そして3つ目は、「敵意はありません」という笑顔。

だいたい日本人は海外に行くと3番目の笑顔になるんだって(笑)
で、外国人から「なんで笑っているのかわからない、不気味・・・」って思われちゃうんだけどね(爆)
なので、イタリアに行った時、
とにかく「楽しい」「興味がある」という笑顔しかしなかったら、
「あなたイタリア長いの?」と聞かれたよ(笑)
実際、3日しかいなかったのに(笑)

ワークショップの中でも、それに気づいてもらうメニューがあって、
「今の気持ちのままで、無理に笑顔にならなくていいよ」ってナビするんですが、
これがね、社会性の高い人ほど、自動的に笑顔になっちゃうんだよね(笑)

3つ目の笑顔には、
「私に敵意はありません、だから攻撃しないでください」
というメッセージが隠されている。
怖れがあると、自由な・創造性の高い演技は難しい。
だから、3つ目の笑顔はやめましょうって、
攻撃を怖れている自分に気づいて、認めましょう、克服しましょう、癒しましょうって、
そんな自己啓発的なことは言いません(笑)
いいのよ、
「あ、いま、私、攻撃されたくないんだな」って気づけば。
「そういう時には、私はこんな笑顔になるんだな」って気づけば。
そして「攻撃されたくないシーンがあったら、この笑顔、芝居に使おう」って気づけば(笑)

「あ、他人に触るって抵抗あるな」とか、
「下ネタ言うの、私、ダメなんだな」とか、
「恥ずかしくなると、笑ってごまかしちゃうな」とか、
それをブロックというのだけども、
ブロックが少ない方が、まぁ、演技の自由度は高まりますが、
でも、完全に消し去った方がいいというわけでもないと思うのです。
そのブロックを使えるシーンで使えるように、
ストックしておいたらいいと思うのです。
自分のブロックに気がつくことが大事だと思うのです。

同じように、舞台で通る声になろうと、一生懸命、発声練習をしたりするけど、
強盗に襲われるシーンでは、通る声になんかならないでしょ(笑)
喉をしめて、つぶれた声も出せる。
その方が豊かなんじゃない?(笑)




chibi_06.jpg

まだ、怖れがあった頃のちび猫。
怖い時って、表情がなくなるよね。
3つ目の笑顔は、実は無表情と同じなのかもしれないな。



でもね、ちびちゃん。

chibi_07.jpg

いくらAfterとはいえ、
これは、ちょっとまずいショットじゃあるまいか?
幸せ太りかい?

ま、いいか(笑)



posted by ゆきお at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

こどもに戻ろう!若返りワークショップ(笑)

というわけで。
翌日のProject*Roccaの月1ワークショップ【2月】。
おかげさまで今月も無事に、楽しく、終わりました(喜)
参加してくださったみなさま、ありがとうございました(愛)

毎回、はじめましての方が参加してくれて、
3時間半の短い時間の中で、
1つのチームとなって、
最後には小さな作品をつくるわけですが。
これね、実際にはとても難しいことをやっているのです。
もし公演稽古の現場だったら?って考えてみて。
たった3時間半で作品になんてなると思えないでしょ?(笑)
でも、毎回、とても楽しく、充実した作品がつくれちゃうのね、不思議と(笑)
1か月2か月かけて練り上げる公演作品と、3時間半の駆け足でつくる作品とでは
そりゃ、求められる結果と質は違うわけだけど、
でも「おもしろいかどうか?」という基準だったら、
軽くクリアしてると思うよ。

そこまでたどり着くにはさ。
緊張を集中に変換していかないとダメなんだよね。
はじめて来た場所で、はじめて会う人で、はじめて挑戦するワークで、
っていったら、誰だってドキドキしますよ(笑)
だから前半のメニューは、できるだけその緊張をゼロに近づけるワークをする。
いまの気持ちを声に出してみる。
握手するとちょっと安心する。
会場を探検する。
深呼吸する。
他人に気を遣わない、自分だけの時間を過ごす。
からだがほぐれると、気持ちもほぐれる。
全員で呼吸を合わせる。
リラックスしてはじめて、集中ってできるんだな、って気づく。

子供に戻ってごっこ遊びをしている感覚。
創造性が高くて、なんでもあり。
終わった後は、みんなのことが好きになってる(笑)

今回、参加してくれた方から、
子供に戻ったみたい!
青春時代を思い出した!

っていってもらえて、ファシリテータとしてめちゃめちゃ嬉しかったなぁ(喜)
どうよ、この若返りワークショップ!(笑)


3月まではこのメニュー、この料金でお送りします。
4月からは、ちょっとバージョンアップしてお届けする予定です。
詳細はこちらから。

やるなら今しかないよ(笑)


あ、おかげさまでティンシャは好評でした。
空間がクリアになって、集中力が増す感じ?

tynsya.jpg


posted by ゆきお at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

音という名の時間

この週末、なにやらイベントが盛りだくさんでした(笑)
ええ、順を追って記事にしていきますと。

バレンタインの日。
シンギングボウルの合奏会?に参加して来ました♪


お邪魔したのは、片瀬江の島。
はじめて来たよ、片瀬江ノ島。
駅を出たらすぐ目の前が海岸だよ、片瀬江ノ島。
テンションあがるよ、片瀬江ノ島(笑)

v-day_01.jpg



先生が用意してくれたシンギングボウルの中から、好みの5つを選んで、
(このセレクトタイムがめちゃくちゃ楽しい!・笑)
本日ご縁があって集まった方と自己紹介して、
チョコの交換会して(笑)
鳴らし方のレクチャーを受けたら、深呼吸。
で、自分の好きなように演奏していくんですけど。

v-day_02.jpg



最初のうちは自分が鳴らすことにいっぱいいっぱいでしたが、
だんだん慣れてくると、自分は鳴らさずに、
いま響いている音の重なりを聞いていることができるようになってくる。
あれね、Roccaのワークショップでやってる、ムーバー&レシーバーと同じね、
誰かが鳴らさなかったら自分が鳴らせばいいし、
自分が鳴らして誰かとかぶったら、それはそれで音が重なって楽しいし。
みんなで1つの時間を作っていく。
そして、音がある時間ばかりでなく、無音の時間も、それは演奏で、
むしろ音と無音の時間が同じくらいあってもいいんだとか。
すごい、哲学!(驚)

この音っちゅうのがね。
ポン、コロン、という響き。
まるで雨音のような、水琴窟のような、
洞窟の中で、落ちてくる水滴がたまって岩にくぼみができ、
やがて深い湖ができて、地下深く水が流れていくのを、
何年も何年もそこにいて、聞いているような感じ。

これは、音楽、と、ちょっと言い切れないな。
リズムも不規則で、というか、あってないようなものだし。
音程も一定じゃなくて、余韻や無音も含める。
私の中の「音楽」「合奏」という固定観念が揺さぶられて(笑)
そうか、私はリズムや音程に縛られたくなかったんだなぁ、
だから「(学校で習った正解のある)音楽」って苦手だと思っていたんだなぁ、
ただ音がもたらすイメージと時間を楽しみたかったんだなぁ、と
ちょっと目からウロコ体験でした。



v-day_03.jpg

合奏会が終わって、お茶をいただいているうちに、
すっかり陽が傾いてしまって。


v-day_04.jpg

この日、江の島は特別にライトアップされていたようです。
ツイテル!(笑)



この音の時間。
少しでいいから、ワークショップに取り入れられないかな?と考えて、
ティンシャという楽器をその場で購入。

で、私の冒険は、
Roccaの月1ワークショップ【2月】に続きます(笑)




posted by ゆきお at 02:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

有意義な無駄

朝寝坊の私が、めずらしく6時前に目が覚めましたよ(驚)
ていうか、深夜3時過ぎに寝て、早朝6時前に目が覚めるって・・・
この後、カンペキお昼寝コースじゃん(笑)

おはようございます。
ワクワクとドキドキのナビゲータ、ゆきおです。
笑。

dawn_150210.jpg



日曜日。
ジプシーで共演したあいちゃんの朗読会を見に?聞きに?行ってきました。
「人は見た目が9割」とかってタイトルの書籍が、何年か前に売れましたけども。
朗読会とかリーディングとか、その9割を占める視覚効果に頼れないから、
ホントはとてつもなく難しい分野なんだけど、
ほろり、泣きましたぜ(笑)
その時感じた気持ちを誠実に伝えよう、という読み手の気持ちが伝わってきて、
とても気持ちのいい作品でした。

あれだよね、作り手の作意のないほど、観客は感動させられちゃうんだよね。
でもまったく作意がない作品なんてないから、
それをどうやって隠すか、ごまかすか(笑)
または限りなくゼロに近づけるか。


ところで、平田オリザがおもしろい講演をした記事をネットで読んだんですよ。
ロボットに芝居をさせたらどうなるかって記事。
自然に見えるためには、無駄な動きがないとダメなんだそうです。
ロボットも稽古しすぎた役者も、
無駄な動きがそぎ落とされちゃうから不自然になっちゃうって(笑)
へぇ。
稽古しすぎもダメなんだ(笑)
たしかに、稽古しすぎちゃうと、飽きちゃってルーティンになっちゃったり、
新鮮でなくなっちゃったり、逆に余計な楽屋オチが入ってきちゃったり、
まぁ、ろくなことはないので(爆)
適度に遊びを入れて、座組の空気をリフレッシュするんですが、
あ、そうか、それって、無駄を入れるってことか(笑)
無駄、無駄ね。
芝居を作るときにはとても大事ね。


稽古しているのに、稽古しすぎない。
洗練されているのに、洗練されすぎない。
それが、あいちゃんの朗読会では、あたたかさに変換されていたような気がするな。
かなしみ、あたたかみ、人間味。
よかったよぅ(涙)



さて、まとまらなくなってきたところで、
そろそろお布団にもぐろうか。



posted by ゆきお at 06:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

月にいちばん近い場所

ワクワクとドキドキのナビゲータ、ゆきおです。
本日、思い立って、東京スカイツリーでワクドキ体験してきました(笑)


t-tree_01.jpg

去年あたりはずいぶんと混雑しているというニュースを見聞きしていましたが。
本日、冬の晴れた日、火曜日の混雑具合は、
15時に当日券を買うまでの列が、30〜45分待ち。
ソラマチで遅いランチを食べて、16時には15分待ちに。
わりとストレスなく登れましたよ。
お、ラッキー♪

地上350mの展望デッキまで、直通エレベータでばびゅん。


t-tree_03.jpg

もうね、街並みがおもちゃみたいよ(笑)
スカイツリーの影が、ぐーん。


t-tree_04.jpg

地上450mの展望回廊にも行ってみた。
ちょうど夕暮れ時。
冬の晴れた日とはいえ、今日は陽ざしがあたたかかったからね、
ちょっとガスってて、横浜も富士山も見えないってアナウンスされてましたが。


t-tree_05.jpg

この夕陽に浮かぶシルエット!
わかるかな、富士山のてっぺん!(笑)
うわー(驚)



でも、今日、一番ワクワクしたのは、こちら。

t-tree_06.jpg

明日は満月
季節は冬で空気は澄んでる。
ここは地上450m。
東京でいま一番、お月さまに近い場所(笑)
うわーうわー(喜)


どのくらい、高いところにいるかというと。

t-tree_07.jpg

ガラスの床から下を覗いてみた。
落ちないってわかっていても、なんでか、よちよち歩きになるね(笑)


やっぱり、こっちの方が高さ感が出るか(笑)

t-tree_08.jpg


やぁ、思いのほか楽しかった(笑)
人間って、認知できないくらい大きいとか、想像できないくらい高いとか、
そういうのに出くわすと、とにかく笑っちゃうもんだね(笑)

今日は節分。
旧暦で言えば、大晦日。
陰が極まる日。
ケガレを意味する陰を鬼に見立てて、追い払うのが節分なんだよね。
豆のバラバラという音や大声が鬼は嫌いなんだとか。
だから、豆をまくんだけど。
きっとそれよりもケガレを払うのに効果があるのは、
笑い声だと私は思っていて、
今日はそうとう邪気を払ってきたよ、
空のてっぺんで(笑)




posted by ゆきお at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。