2014年08月31日

瞳の真実 1

いまのところ、稽古は順調です。
稽古場の雰囲気は、緊張半分、ワクワク半分といったところかな(笑)

演出の中には「こんなイメージ」っていうのがあるけれど、
それにとらわれすぎちゃうと、役者の個性を潰しちゃう。
誰が演じても同じ作品になっちゃう。
それぞれの役者がどんなふうに演じたいのか、
より深く人間を表現するためにはどんなアドバイスがいいのか。
演出はたくさんの言葉を持っていないといけない。
そして、役者1人1人の人生に寄り添って、深いところまで一緒に降りていく。
これからが勝負です。


さて。
先日、bunkamuraの「だまし絵U 進化するだまし絵」を見てきました。

damashie.jpg


時代の流れに沿った順路。
17世紀の「だまし絵」は、そりゃ写真か?ってくらい精密に描かれていて、
波を描いてるんだけど、それが人の横顔に見えたり。
絵にハエが止まってる!って見えたり。

でも、19世紀になってカメラが発明されると、
絵に精密な写実性って要求されなくなるんだよね。
そこで「絵って何だろう?」「見えるってどういうことなんだろう?」と
立ち止まって考えた人たちが現れる。

私が一番おもしろい!と思ったのは、
ハンス・オプ・デ・ベークの「ステージング・サイレンス(2)」。

モノクロの映像作品。
2つ手がジオラマを作っては壊して、また次のシーンを作っていく。
水が張られた盤の上に、口切りいっぱい水を入れたペットボトルを逆さまに立てる。
いくつも立てる。
アクリル板も立てる。
その板を通してペットボトルを見ると、何やら夜景のビル群に見えてくる。
ミニチュアの机や椅子を置く。
セレブなオフィスから夜景を見ているみたい。
応接セットも置かれる。
ボールが吊り下げられる、まるでインテリア性の高い照明のように。
すると、ボールだけ残して全てが撤去されて、
ああそうだった、水盤だったと気がついて、
そしたらシャボン玉が降ってくる…

風景の中の何かに触発されて、次から次へとイメージが変転していく。
まるで、フィリップ・ジャンティの舞台みたい。
ああ、これ、どこかで見た風景だ、モノクロ映画だと思った瞬間に、
ジオラマだよ、作り物だよ、と教えられる。






あなたが見ているそれは、真実ですか?

そう問いかけられる。


そういえば。
話は飛ぶようですけど、いま夏休みじゃないですか。
怪談もののTV番組、やってるじゃないですか。
だいたい怖いの苦手なので(笑)、
できるだけそんなものには近づかないようにしてるんですが、
まぁ、何かのはずみで見ちゃったんですよ、この間。

心霊写真ね。
うん、そのくらいは私でもフォトショップを使えば加工できるしね。
心理学では、シミュラクラ効果といって、
楕円が3つあると、人間はそこに人の顔を見ちゃうんですけどね。
ネットで騒ぐ、大きな手に見える不思議な雲の写真とか不思議な光の写真って、
まぁほとんど加工ですしね。

動画もね、いまは簡単に作れるソフトがたくさんありましてね。
だいたいパターンが一緒ですよね、
楽しくおしゃべりしてると、ふとフレームが揺れて、ヘンなものが写っちゃうっていう。
ベッドの下だったり、窓の外だったり。
演技が半端にできたりしてると作為が透けて見えちゃうのでちょっと興ざめですけどね、
むしろまるっきり下手な方が騙される不思議(笑)

そんなあら探しでもしないと、本当だったらマジで怖いわってのもあるんですけど(笑)
でも、ああ、嘘なんだなって、
ふだん意識していないところ・無意識の領域
自分がコントトロールできないものが存在しているっていうのが、
怖さの正体なんだなって、思うわけです。
だったら、自分が一番怖いじゃねぇかという(笑)

ええと?
なんの話だったっけ?


というわけで、続きます(笑)



posted by ゆきお at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

稽古、はじまりました!

新月を過ぎて、怒涛の毎日を過ごしております(笑)

おととい、ついに11月公演「月並みなはなし」の顔合わせが
無事に済みました。

昨日は、初稽古。
うちでは、いきなり立ち稽古しちゃうのです(笑)
台本を片手に仮舞台に立って稽古はじめちゃうんですが、
いいんです、セリフは覚えて来なくて。
ていうか、この立ち稽古の中で覚えてもらってます。

演出さんの中には、稽古が始まる前に「セリフ入れて来い」って方もいると思いますが、
そうやって「頭」で覚えてきたセリフって、
やっぱり不自然なんですよ。
言葉と動きのスピードが合ってないっていうか、
感情がひとりよがりっていうか。
「からだ」を使って入れたセリフは、
それよりも自由にできる気がして。
実際に立ってセリフを言ってみると、相手との距離感もわかるし、感情も動きやすい。
そうやってまず「体験」したセリフを、おうちに帰って復習すると、
意外と覚えていることがわかるしね(笑)
成功体験、大事ね(笑)

以前、日舞を習っていた時に、先輩から教わったんですけどね、
とにかく目で覚えるんですって。
人間って視覚が9割ですからね、映像で覚えていることも多いんですね。

なので、まずは台本を持ちながらとにかく動いて覚える稽古。
次の稽古までに、やったシーンのセリフを覚えてきて、
台本を手放して同じシーンをくり返す。
そんな風に組み立ててます。


そんなこんなで、月並み、スタートしたんですが。

BBQ_01.jpg

今日は、7月の客演先のみんなと河原でBBQ(笑)
大いに飲んで、大いに食べて、大いに笑った1日。

BBQ_02.jpg


引き続き、11月の月並みにも出演する健ちゃんなんか、
稽古して、バイト行って、そのまま寝ずにBBQ参加だってよ?(笑)
「働かないと寝ちゃうから」って、ずーっと鉄板奉行してくれてましたけど(笑)

BBQ_03.jpg


ああ、なんか、私は仲間に恵まれているなぁ・・・



よし。
充電して、次に進むぜ!



posted by ゆきお at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

幸せな宇宙体験

日曜日に、11月公演の役者さんたちと、
東京現代美術館「ミッション 宇宙×芸術」を見に行って来ました。
11月公演は、月に移住する物語なのでね、
少しでも宇宙を身近に感じられるかな、と思ってね(笑)

space_02.jpg


ひとことで感想を言うと。


・・・楽しかった!(笑)


入口を入ってすぐのブースで、プラネタリウム
体育館くらいの広さ、高い天井。
みんな暗闇の中、寝転がって夜空を見上げる。
すごいね、そんな巨大な空間なのに画像がすごくキレイ。
天の川がめぐっていく様は、ものすごい迫力。
ああ、これ、プロジェクションマッピングとやら。
きっと、近い将来、芝居に取り入れる劇団も出てくるんだろうなぁ・・・(笑)

同じ映像作品でも、3Dでくるくる回ってるヤツとか。
パソコン画面で、地球から、銀河の果てまで行って帰ってくるヤツとか。

Jaxaのムービーとか。
あれだね、宇宙船の中って、機械音しかないから、楽器の音って安心するんだね。
人は無機の中では安心できないんだね。

月の模型を動かして、大画面に映すヤツとか。
大きな画面に宇宙から見た地球を映すヤツとか。

space_01.jpg


最後のブースでは、無重力体験ができるというチューブをくぐり抜けてみました。
並んでたのは子供たちばっかりだったんだけどね、
大人もいいですよって説明にあったのでね、
そこはもう、遠慮なく。

月並みメンバーもみんな無重力チューブを体験しましたが、
なんだろうね、出てきた後はテンション上がって、
子供たちと同じくらい、きゃっきゃ騒いでました(笑)
オトナなのに(爆)
だって、笑いが止まらないんだもん(笑)

なんかね、
無重力というか、私は産道を通って出てきた感じがしたよ。


そのテンションのまま、ヘンなカキワリの穴に顔突っ込んでみたり。
意外に違和感なかったり(爆)

space_03.jpg


深川の居酒屋で乾杯して、酔っ払って、11月公演への意気込みを語ったり。
でも若干ロレツが回ってなかったり(笑)

space_04.jpg


宇宙について知識が増えたか、
芝居のためになったか、
と聞かれれば、笑うしかないんですが、
すごい、すごい、
ものすごい楽しい、幸せな1日でした(幸)

こういう体験型アートは、みんなで行くと楽しいね。
たとえ、まわりからは、ヘンなグループ交際の団体にしか見えなくても(爆)

8/31まで。
東京現代美術館で。




posted by ゆきお at 03:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

芝居のご利益

Project*Rocca 11月公演「月並みなはなし」、
ついにチラシの入稿が終わりました!

お盆をはさんで、2週間。
デザイナーのあゆみちゃんと、ああでもない、こうでもないと修正を重ね、
制作チーフの竹井ちゃんにダブルチェックを何度もお願いし(笑)
週末には印刷されたチラシが、私の自宅に届くです。
ああ、待ち遠しい(笑)


チラシの表はね、こんな感じ。


tukinami_f.jpg


ちょっと小さくてわかりにくいかな。
「現物見たい!」って方は、Rocca宛に「チラシ送って」とメールくださいませ(笑)



ところで。
先日、ふと思いついたのですが。

劇場、特に私が愛してやまない小劇場って、子宮に似てませんか?

暗くて、せまくて(笑)、
その中で夢のような物語が繰り広げられて、
一体感と躍動感を体験して、
やがてそこを出て、現実社会・日常生活を生きていく。

もしかして、芝居って胎蔵めぐりみたいなものかもと思ったりして。
そんなパワースポット的な芝居。
見たからといって、ご利益があるかどうかはわかりませんが(笑)




posted by ゆきお at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

おいしい記憶

お盆休み最後の日。
ホームベーカリーを購入、はじめて自宅でパンを焼いてみました。
といっても、出来合いの材料を入れて、
水とバターを指示通りに加えて、スイッチを押すだけ(笑)

待つこと4時間!
じゃ〜ん!

pan_01.jpg


おいしかったよぅ(笑)

pan_02.jpg


毎朝、パンとヨーグルトを食べていたんですけどね。
パンを食べるなら全粒粉がいいと聞き、
近くのスーパーで買えるかと思って行ってみたらば売ってなくて(軽くショック☆)
駅前のスーパーに行ってみたらば、
なんとかホテルの全粒粉パンとかで、めっちゃお高くて(大いにショック!)
自分で作るってのはどうだろう、どんなもんなんだろう…
と、市場偵察のつもりで立ち寄った家電量販店。
サマーセールだとか型落ちだとか、いろいろ囁かれて(笑)
2万円からの衝動買い
ひ〜!
あほじゃなかろうか、わたし(笑)
2万あったら、ナントカホテルの全粒粉がどんだけ買えたんじゃ!(爆)

でも、一口食べた時の「おいし〜い♪」「幸せ〜♪♪」って感動は、
スーパーじゃ売ってないから、
まぁ、しかたないか(笑)

pan_03.jpg



食べる、という行為は、実は思い出を食べているんだそうです。
たとえばビール。
子供の頃は苦い!って味しか感じないけど、
大学に入って、気の合う仲間とわいわい騒いで、ビールを飲む。
その楽しい思い出があるから、
ビールおいしい、ビール飲みたいってなるんだそうですよ。
そういえば、子供の頃は好きでもなかったひじきの煮物。
大人になって、一人暮らしをはじめて、それからおいしいって思うようになったなぁ。
ひじきの煮物を思い出す時、私の中では小学生の頃の実家の食卓と結びついてる。

パンなら全粒粉だとか、マーガリンはダメとか、野菜は有機オンリーだとか。
こだわったら、そりゃまぁ、キリがないと思うんだけど(笑)
一番からだにいいのは、
笑いながら食べることじゃないのかしら。
おいしいねって言い合いながら、
一緒に食べる相手がいるってことなのじゃないかしら。

はじめて焼いた、自家製パン。
おいしいおいしいって、ペロリと食べちゃった(笑)
夏のステキな思い出です(笑)




posted by ゆきお at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

満月の夜るるる

11日の午前3時9分。
東京の空は台風が過ぎて、強い風が吹いていましたが、
気がつけば、満月。
しかも通常より満月が大きく見える「スーパームーン」。
さらに2014年最大の満月、「エクストラスーパームーン」だったんだそうで。

moon_01.jpg


満月の夜には、人って興奮するんだってね(笑)
だから交通事故が多いんだとか?
だから公演打つなら満月がよいとか?

それについては、ウソかホントかはわかりませんが(笑)
まぁ、こんだけ大きいお月さまには見入ってしまいますわね。


翌朝のブランチは、なおちゃんと下北でカレー
めちゃうま(驚)

moon_02.jpg


小劇場と中劇場における演技の違いとか。
演劇すごろくってバカらしいよねとか。
私たちってなんで芝居するんだろうねとか。
何を残せるんだろうねとか。

久しぶりに会ったので、6時間くらいおしゃべりしたよ(笑)
この待ち合わせを決める電話でも3時間超おしゃべりしてんのに(笑)


で、夕方には劇団時代のメンバーとビアホール。
飲み放題だもんでね、
調子にのってひとりでシャンパン1本を開ける勢い。
だって、楽しかったんだよ。
2年かな、3年かな、そのくらい会ってなかったはずなのに、
つい昨日「またね」って言って別れたよね、ってくらい、
離れていた時間を感じない。
ああ、これが「仲間」なんだな、って思って。

moon_03.jpg


いい気持ちで酔っ払って、
大切な仲間と、そうだ、いい芝居を作るんだもんね!と雄叫びをあげた、満月の夜。
いいの、満月のせいで興奮していたのだとしても。
本当に幸せだなぁって思ったんだから。
その幸せをシェアするために、次の芝居の準備をしているんだから。

・・・一晩たって、軽く二日酔いでしたけども(笑)




posted by ゆきお at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

幸せのスタート

というわけで。
すでに次の公演の準備にとりかかっております。

去年、まるまる1年、Roccaは充電期間をいただきましたのでね。
いよいよだぞ、楽しみだぞって気合いも入ろうものです(笑)


lunamap.jpg

今回は時間堂さんの「月並みなはなし」を上演します。
上質な脚本。
信頼できる、いつもの役者さんたち。
ワクワクを運んでくれる、新しい役者さんたち。
そして、いつもRoccaを支えてくれる心強いスタッフさんたち。

チラシを作りながら、
稽古場の予約をとりながら、
舞監の酒井さんと劇場下見をしながら、
制作の新しいお手伝いさんとお会いしながら。
私はこの公演が終わった時のことを想像しているのです。
大事な仲間に囲まれて、自分の実力をいかんなく発揮し、最高の笑顔でいる、
そんなRoccaメンバーと自分と、
その時間を分かち合ってくださるお客様。

その瞬間のために、心こめて1つ1つを作業しているのです。


・・・けっして、酒のためだけではないんですよ(笑)



posted by ゆきお at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

アップの魅力

8月のRocca月1ワークショップ、無事に終了しました。
今回は、定員を上回るお申し込み。
定員枠を増やしましたが、それでも部屋の広さの関係もあって、
お申し込みされた方全員はokできず…早い者勝ちに…
ああ、ホントにスミマセン。
9月にも開催しますので、ぜひぜひご参加くださいませ。


augst.jpg

まぁ、とにかく暑かったですからね。
駅から歩いて来るまでに、溶けちゃいそうなくらい(笑)
きっと昨夜は寝苦しい夜を過ごした方もいるんじゃないかな、と思って。
ちょっとゆっくりペースで、アップをしました。

アップ、と呼んでいるストレッチ。
自分ひとりの時間、誰にも気を遣わなくていい時間。
自分のからだとだけ向き合う時間。
からだのどこが動くのか。
重心はどこにあるのか。
1つ1つを、時間をかけて味わいます。

アップをしているうちに、からだがリラックスして、
自然と深い呼吸ができるようになります。
からだが安心すると、心もゆるむので、夢を見ちゃう人もいます(笑)
でもナビゲーションの声が聞こえるので、寝入ってしまうわけではないんですけどね。
半覚醒状態で、白昼夢を見る感じ。
からだを使った瞑想です。

これ、実はとても贅沢なことをしています。

頭って、とにかく情報が好きなので(爆)
気を抜くといつも考えちゃうんです。
でも、頭で考えた芝居って、つまんないじゃないですか。
その人が計算なんてせずに、何気なくする仕草や言葉に、説得力を感じたり、
魅力を感じたり、含みを感じたりして、
見ている側が勝手に想像したり。
そんな余白のある芝居の方がステキじゃないですか。

それにはどうしたらいいか。

頭を止める。
アップはそのためでもあるんです。

さて。
みんなは自分のからだとどんなおしゃべりをしたのかな。



posted by ゆきお at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

ぐずぐずヴァケーション

公演終わって、なんでしょ、気が抜けたとでもいうんでしょうか。
1日ごろごろ寝ていたりですね。
寝ても寝ても寝たりなかったりですね。
夏バテも手伝って、胃腸がストライキを起こしてですね、
なーんにも食べたくなかったりですね。


写真は、雑貨屋さんで見つけた陶器のお人形。

flog_01.jpg

塗りも雑だし、カエルと、クマの子供?なのか?
それにしちゃ縮尺が合わないっていうか、どんだけデカいカエルなの?って作りだし
そのわりにはけっこうなお値段でしたが(爆)
いやまぁ、このカエルの表情にヤラれましてね(笑)

flog_02.jpg

ついでに、このおしりにも(笑)
なんだ、このぷりっと感の全然ない間抜けなおしりは!(笑)

なんだろう・・・
このカエルの脱力感に、一目惚れしちゃったんだけども・・・
ぐずぐずでも、だめだめでも、いいよ、大丈夫って、
ああ、カエルが言ってくれてるよ・・・(遠い目)

とかなんとか。
ぐずぐずと、なんとも冴えない、
というか、むしろ贅沢にスケジュールまっしろな2・3日を送っていたんですが。



明日はRoccaの月1ワークショップの日ですよ。
はやっ!(笑)

おかげさまで、8月のワークショップはすでに定員いっぱい。
9月もぼちぼちお申込みが入っております。
こりゃ、そのうち、定員を増やしたり会場を大きくしないとな、
と、嬉しいばかり。

わぁ、がんばっちゃうなぁ、
がんばりたくなっちゃうなぁ(笑)


というわけで。
私のぐずぐずヴァケーションは終わり。
新しいスタートです♪



posted by ゆきお at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。